NG洗顔方法と正しい洗顔方法の差って?

洗顔はお顔を清潔に保つために行いますが、正しく洗顔できていますか?ついついやってしまいがちなあの行動も実はNG…?

今回は、正しい洗顔方法と洗顔料の種類についてご紹介します。

 

洗顔時のNG行動

・汚れた手のまま洗顔

・少ない泡で顔をゴシゴシこする

・泡を流すために熱いシャワーでササっと流す

・タオルでゴシゴシ水分を拭き取る

ついついやってしまいがちなNG行動です。

朝、夜の時間が無い方は洗顔をササっと済ませてしまいたいために、軽く石鹸を泡立ててゴシゴシこすってシャワーで流し、タオルでまたゴシゴシ…

これらはお肌へのダメージが大きく、お肌の水分と油分のバランスが崩れやすくなり肌荒れや乾燥を引き起こす原因になってしまいます。

 

正しい洗顔方法

①まずは手を洗って清潔にする

洗顔は手で泡を作って行います。そのため、汚れた手で泡を立てると雑菌が顔についてしまったり泡立ちが悪くなってしまいます。まずは石鹸で手を洗い、清潔にしましょう。

②顔をぬるま湯で洗う

泡を立てる前に、顔をぬるま湯で洗いましょう。顔についている汗や汚れをある程度落とすことができます。

③洗顔料をよく泡立てる

石鹸を手でこすっても泡は出ますが、どうしても時間がかかってしまったり思ったように泡立たないことがあります。なるべく泡立てネットを使ってたっぷりと泡立てましょう。

④こすらず優しく洗う

汚れを落とそうとしてゴシゴシ洗ってしまいがちですが、摩擦で負担がかかり、肌荒れの原因になってしまう事もあります。洗うときは手でこするように洗うのではなく、泡で優しくなでるように洗いましょう。洗顔料が長時間お肌についたままだと負担がかかりやすくなるので、洗うときは1分程度にしましょう。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別