生活に潜む「肌かぶれ」の原因は?

身近な生活用品や食品にはアレルギーを起こすかもしれない原因がたくさん潜んでいます。なかなか治らないかぶれに悩んでいる方は、かぶれの原因を取り除けていないのかもしれません。今回はそのかぶれについて紹介していきたいと思います。

 

接触性皮膚炎=かぶれ

接触性皮膚炎とはいわゆるかぶれのことです。体の外から特定の物質が肌に触れると皮膚から吸収され炎症が起こります。接触性皮膚炎とは触れた物質の毒性が皮膚を直接破壊されてしまう「刺激性接触皮膚炎」と、原因物質に触れてから免疫反応が起こり、2~3日経ってから症状が現れる「アレルギー性接触皮膚炎」があります。さらに、紫外線があたることで反応し皮膚炎が起こる「光接触性皮膚炎」があります。

 

かぶれの原因

〇刺激性接触皮膚炎

酸やアルカリ、洗浄剤の原液などの刺激性が強い物質が主な原因で、皮膚が赤くなり腫れたりすることがあり、化学熱傷のようにただれることもあります。弱い刺激でもくりかえし触れることで炎症の症状が起こります。

〇アレルギー性接触皮膚炎

植物や化粧品アクセサリーなど様々なものに含まれる物質がアレルギー反応を起こします。かゆみが強く、肌の赤みや腫れ、水ぶくれになることもあります。原因物質の接触が繰り返されると、症状が悪化し慢性の湿疹になります。

〇光接触性皮膚炎

物質に触れただけでは炎症は起きず、その部位に紫外線をあびるとかぶれを起こす皮膚炎です。光の当たったところにだけ症状がでます。アレルギーによるものとアレルギーに関係なくおこるものがあります。

 

かぶれを起こしやすい物質は?

日本人がかぶれやすい物質はどんなものがあるのでしょうか。化粧品や金属アレルギーなどでもかぶれた経験がある方もいると思います。ここではどんな物質でかぶれるのか紹介していきます。

・ニッケル

・漆

・コバルト

・フラジオマイシン硫酸塩

などと言われています。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別