生活に潜む「肌かぶれ」の原因は?

身近な生活用品や食品にはアレルギーを起こすかもしれない原因がたくさん潜んでいます。なかなか治らないかぶれに悩んでいる方は、かぶれの原因を日常から取り除けていないのかもしれません。

今回はそれらの生活に潜むかぶれについて紹介していきたいと思います。

 

接触性皮膚炎=かぶれ

接触性皮膚炎とはいわゆるかぶれのことです。体の外から特定の物質が肌に触れると皮膚から吸収され炎症が起こります。接触性皮膚炎とは触れた物質の毒性が皮膚を直接破壊されてしまう「刺激性接触皮膚炎」と、原因物質に触れてから免疫反応が起こり、2~3日経ってから症状が現れる「アレルギー性接触皮膚炎」があります。さらに、紫外線があたることで反応し皮膚炎が起こる「光接触性皮膚炎」があります。

 

かぶれの原因

〇刺激性接触皮膚炎

許容濃度を超えて刺激物が皮膚に付着することが原因で起こる「急性毒性皮膚炎」と、弱刺激の繰り返しで生じる「慢性刺激性皮膚炎」の2種類に大別されます。

酸やアルカリ、洗浄剤の原液などの刺激性が強い物質が主な原因で、皮膚が赤くなり腫れたりすることがあり、化学熱傷のようにただれることもあります。

弱い刺激の場合、刺激性の物質が触れた部位の角質が剥がれ落ちるだけですが、刺激が強い場合には発赤に痛みやかゆみ、小さな水ぶくれなどを伴います。
また、炎症がひどい場合には火傷のときのような大きな水ぶくれができてしまい、激しい痛みを感じます。

「急性毒性皮膚炎」は、業務用化学物質や家庭内での灯油、ガソリン、有機溶剤などの使用の過程で生じ、「慢性刺激性皮膚炎」は、肌着との摩擦や洗剤、日用品などの弱刺激で生じます。

なお、いずれの場合でも、アレルギー物質が要因とならないため、誰でも起こりうる疾患です。
弱い刺激でもくりかえし触れることで炎症の症状が起こります。

 

〇アレルギー性接触皮膚炎

アレルギー性接触皮膚炎は、皮膚に触れた物質に対して免疫系が反応を起こすことで発生します。
皮膚が問題の特定物質に最初に触れると、その物質に対して敏感になります。これを感作(かんさ)といいます。

物質に一度触れただけで感作が生じることもあれば、何度も触れなければ生じないこともあります。感作が生じた後、次にその物質に触れると4~24時間以内に強いかゆみと皮膚炎が生じますが、人によって(特に高齢者)は、反応が生じるまで3~4日かかることもあります。

アレルギー性接触皮膚炎の原因になる物質は何千種類もありますが、特に一般的なものは以下のものに含まれている物質です。

●植物(ツタウルシなど)
●ゴム(ラテックスを含む)
●抗菌薬
●香水
●保存剤
●一部の金属(ニッケルやコバルトなど)
女性の約10%は、多くのアクセサリーの素材に含まれている「ニッケル」に対するアレルギーをもっています。何の問題もなく何年も物質を使用して触れていた後に、突然アレルギー反応が生じることもあります。

皮膚炎の治療に使用される軟膏、クリーム、ローションさえ、そのような反応の原因になることがあります。
植物や化粧品、アクセサリーなど様々なものに含まれる物質が、アレルギー反応の原因となります。かゆみが強く、肌の赤みや腫れ、水ぶくれになることもあります。原因物質の接触が繰り返されると、症状が悪化し慢性の湿疹になります。

 

〇光接触性皮膚炎

接触皮膚炎が、ある特定の物質に接触したことによって生じる皮膚炎(かぶれ)であるのに対し、「光接触皮膚炎」は皮膚炎が引き起されるのに光を必要とするタイプのかぶれです。

この「光接触皮膚炎」は、ある物質が接触した箇所の皮膚に、太陽などの光が照射され生じます。

「光接触皮膚炎」にも2つのタイプがあり、それぞれ「光毒性接触皮膚炎」「光アレルギー性接触皮膚炎」と分けています。アレルギーに関係なくおこるものと、アレルギーによるものとがあります。

物質に紫外線があたることによって活性酸素が発生し、組織や細胞に障害をもたらすことを「光毒性」と呼びます。免疫反応が起こったわけではないため、感作もありません。一方、「光アレルギー性接触皮膚炎」は光抗原による特異的な免疫反応によって起こったものです。
特定の物質に触れた後に、太陽光線にさらされて初めて接触皮膚炎が起こることがありますが、「光毒性接触皮膚炎」とも言われ、化学物質による光線過敏症や日光アレルギーとも紐付いています。

薬剤による「光接触皮膚炎」は、化学的因子(薬剤)と物理的因子(光線)の相互作用によって生じ、それらの組み合わせによって様々な皮膚症状があらわれます。

「光接触皮膚炎」を引き起こす物質には以下のものがあります。

●日焼け止め
●アフターシェーブローション
●特定の香水
●皮膚に塗る特定の抗菌薬
●コールタール
●油
●植物
光アレルギー性皮膚炎では、日光にさらされなかった部位の皮膚にも反応が広がることがあります。

 

かぶれを起こしやすい物質は?

日本人がかぶれやすい物質はどんなものがあるのでしょうか。化粧品や金属アレルギーなどでもかぶれた経験がある方もいると思います。
先に挙げた「かぶれの原因」と重複する部分もありますが、ここではどんな物質でかぶれるのかを具体的に紹介していきます。

 

・ニッケル

ニッケルはピアスや硬貨などに含まれ、バックルや指輪など長時間皮膚に触れることでかぶれを起こすケースがあります。

また意外なことに、食品に含まれているものもあります。食品の中でニッケルが多く含まれるのが豆類、チョコレート、ココア、海藻です。

原因不明といわれていたアレルギー症状に苦しんでいた人は「銀歯」に含まれているニッケルが原因だったという事例もあります。

ただ、金属アレルギーは一挙にアレルギー状態にはならず、ジワジワと進行しますので、異変に気付いた時にちゃんと医師の診断を受ければ、適切な対応を受け症状を抑えることができるでしょう。

 

・クロム

時計の皮バンド、革手袋、ハンドバック、革靴などの仕上げに用いられる金属です。皮が皮膚に接する部分で汗の多い部分などに皮膚炎を起こすことがあります(足、手首など)。

また、ニッケルと同様にステンレスなどのメッキにも使われます。

クロムが多く含まれる食品はチョコレートとココアです。

 

・漆(うるし)

うるしかぶれは、うるしに含まれる「ウルシオール」によって接触性皮膚炎になり、強い痒みを伴います。
このうるしかぶれは、即時型アレルギーとは異なり、触った直後ではなく2日後くらいが反応のピークになる点が特徴です。

「ウルシオール」に似た作用のある成分を含む植物に以下などがあります。
・マンゴール、カルドールを含むマンゴー(ウルシ科マンゴー属)
・カルドール、アナカルディウム酸を含む生のカシューナッツ(ウルシ科カシューナットノキ属)
・ビロボールなどを含むぎんなん(イチョウ科イチョウ属)

食用カシューナッツ商品は加工済みであるため、接触による皮膚炎症状が出る可能性は低いですが、これらの成分に直に接触すると接触性皮膚炎、アレルギー性の接触性皮膚炎の症状が出る場合があることがわかっています。

 

・コバルト

コバルトもニッケルメッキ製品に多く含まれており、歯科金属や子供が良く使う絵具やクレヨンにも使われています。

 

・フラジオマイシン硫酸塩

フラジオマイシン硫酸塩は外用薬として使われている抗生剤の成分です。薬を付けてかぶれてしまうということもあるということです。

・メチルイソチアゾリノン

メチルイソチアゾリノンは、塗料、燃料、洗浄および他の工業プロセスにおいても防腐剤と抗菌目的として使用されており、また同理由で化粧品にも1970年代から使用されています。

近年、化粧品でかぶれる人が多いという話も聞きますが、化粧品に含まれているこの防腐剤が化粧品でかぶれを起こす原因になっているのではないかと注目されています。

2014年9月に欧州委員会は2016年7月15日からメチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン混合液およびメチルクロロイソチアゾリノンをスキンケア製品やメイク製品など付けっ放しの製品では使用禁止、シャンプーやボディソープなどの洗い流し系製品では15ppm(0.0015%)以下へ変更という委員会規則を発行しました。

この通知以降は、防腐剤としてイソチアゾリノン系自体の配合が減少傾向ではありますが、より安全性に配慮する形で、メチルイソチアゾリノンのみの配合も増えてきています。

そのため、外国製の化粧品でかぶれることが多いそうです。

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別