近年増加中!大人のアトピーの原因と改善策

皆さんは「アトピー性皮膚炎」ってご存知でしょうか?子どもでひどいアトピーを発症して大変な思いをされている方を見たことがある方も多いかと思いますが、近年では大人になってからアトピーの症状を発症する方が増加しているそうなのです。今回はそんなつらいアトピーから解放されるために原因と改善策についてご紹介いたします。

 

アトピー性皮膚炎とは?

アトピーはアレルギー性の皮膚炎のことを言います。

アレルギーというのは、体の免疫が体内に入ってきた異物を除去しようとする防御機能です。本来は風邪などの病原体や、体に悪さをするものに対してのみ反応するのですが、本来は害がない物質に対しても異物とみなし反応してしまっている状況をアレルギー症状と言います。

アトピー性皮膚炎は、ぜんそくやアレルギー性鼻炎などのアレルギー体質傾向のある人や皮膚のバリア機能が弱い方に多く見られます。

アトピー発症の大きな特徴としては、皮膚の湿疹やひどいかゆみが悪化したり良くなったりを繰り返し、なかなか治らず慢性化しやすいことです。
過剰にお肌が敏感になり、合わない化粧品や石鹸などを使用することで連鎖的に様々な肌トラブルを引き起こします。

「アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が、慢性的に良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。アトピー性皮膚炎では、皮膚の“バリア機能”(外界のさまざまな刺激、乾燥などから体の内部を保護する機能)が低下していることが分かっています。そのため、外から抗原や刺激が入りやすくなっており、これらが免疫細胞と結びつき、アレルギー性の炎症を引き起こします。また、かゆみを感じる神経が皮膚の表面まで伸びてきて、かゆみを感じやすい状態となっており、掻くことによりさらにバリア機能が低下するという悪循環に陥ってしまいます。」

引用元「国立成育医療研究センター:https://www.ncchd.go.jp/hospital/sickness/allergy/atopic_dermatitis.html

 

子供のアトピーの原因

子供のアトピーは、多くの場合「アトピー素因」の遺伝によるものです。

生まれた時から「アトピー素因」を持っている方は、アトピーなりやすいと言えます。但し、発症するかしないかは、外からの刺激や環境が影響します。

0歳児の間にスキンケアがうまくいかないと、アトピーが発症する可能性が高まります。免疫学的に0歳児は「寛容期」と言われており、その期間にいろいろなものを摂取することによって体が学習していきます。

ところが、アレルギーを心配して原因となりそうなものを排除してしまうと、せっかくの寛容期なのに体が学習できず、かえってアトピーやアレルギーを誘発してしまうこともあり得ます。赤ちゃんの時期のいろんなものとの接触は、身体の免疫システムにとってとても重要な時期なのです。

直接的な原因は遺伝ですが、二次的な要因として環境要因が挙げられます。
そんなに害のないものに対しても、異物と認識し除去しようと免疫が働いてしまうのがアトピーで、免疫が働いた結果炎症を起こしてしまうので、空気中に浮遊しているほこりや、カビ・ダニ・ハウスダストなども、二次的な原因になり得ると言えます。

また、心理的な面においても、アトピーの二次的な原因として考えられることもあります。
例えば、発達障害が直接的なアトピーの原因になることはありませんが、アトピー発症や悪化のきっかけになる場合は考えられます。
発達障害がある子供の親御さんの手が回らず、結果スキンケアがおろそかになることでアトピーが発症・悪化してしまうというケースです。

 

大人がアトピーを発症するのはどうして…

子どもの頃にアトピーがひどかった話はよく耳にしますが、子どもの頃はそこまでじゃなかったのに大人になってからアトピーが悪化する方も多くいるようです。

このように、大人になってからアトピー性皮膚炎を発症するのはどうしてでしょうか?

前途の通り、もともと「アトピー素因」の遺伝子を持っている場合、子供の頃は環境や心理的な面において、抑えることができていたと考えられます。

また、大人になると、花粉やタバコの煙などの摂取・吸引量が蓄積することにより、二次的な原因としてアトピー症状を引き起こすと考えられることがあります。

本来、花粉そのものには害はありません。また、タバコは人体に様々な影響をおよぼしますが、アトピーやアレルギーに関して言えば、タバコの煙だけでは炎症やアレルギー反応を起こすことはありません。
花粉やタバコも、アトピーの直接的な原因ではなく、あくまで二次的な原因となる可能性があるということです。

また、農薬や食品添加物も二次的な原因として考えられます。

特に加工食品などに多く含まれる科学的なものに対しては「良くない」と言われがちですが、一概に「ケミカルは悪い、自然のものは良い」とも言えない場合があります。
例えば、オーガニックの肌着が良いといっても、それが含む天然の物質に対してアレルギーを起こしてしまう人もいます。

すべての物はアレルギーを起こしうるものなのです。

 

敏感肌を治したい!原因と改善方法

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別