肌も髪もボロボロの原因に…そもそも冬はなぜ乾燥するの?○

冬になるとのどが痛くなったり、肌がカサカサになったりしますよね。これは空気の乾燥が原因で起こるものなのです。今回はなぜ冬になると乾燥するのかをお話していきたいと思います。

 

冬の空気が乾燥する理由は?

ここでは乾燥する原因を紹介していきます。

1.季節風の影響

冬になるとシベリアで発生した-50℃にもなる高気圧が日本海にわたります。この非常に冷たい気団が毎年日本海側に大雪を降らせている原因です。シベリアで発生した季節風はその後、太平洋側にわたります。太平洋側に渡る季節風はすでに日本海側で大雪を降らせて水分を放出しているため、乾燥した冷たい風になっているのが特徴です。

2.空気中の水分量が少ない

私たちの目には見えませんが空気中には水分が含まれています。この空気中に含むことができる水分量は湿度が低い時には少なく、高い時には多くなります。つまり、気温が低い冬の水分量は年間を通して最も少ないということです。空気中に含まれる水分量が少なくなると湿度も低下するため、空気も乾燥しやすくなります。

3.エアコンによる影響

冬になるとどこの家でも暖房器具を使用するかと思います。しかし、この暖房器具が冬の乾燥をさらに悪化させる原因になっています。特に乾燥した空気を生み出しているのが、エアコンを暖房として使用している時です。

湿度とは、大気中に含まれる水分量のことで、%で表示されます。大気が含むことができる水分量は季節によって差があり、気温が高いほど多くの水分を含むことができ、低いほど含む量が少なくなります。つまり、エアコンなどの暖房機器によって部屋が暖められ気温が上がると、大気が含むことができる水分量は当然上がってきます。でも、大気が含むことができる水分量が上がったところで、実際に水分がないと湿度は上がることはありません。むしろ下がっていく一方なのです。

日本全国、冬では暖房は必需品です。暖房がないと生きていけませんね。でも、暖房して気温が上がれば上がるほど湿度は下がってしまいます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別