本当に怖い高血圧の危険性○

私たちの血圧は寒さを感じたり、身体を動かすことで上昇します。こうした一時的な血圧の上昇は、高血圧とはいいません。ではどのような状態のことを高血圧というのでしょうか。今回は高血圧について色々と解説していきたいと思います。

 

高血圧とは?

高血圧とは、安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態のことを言います。高血圧になると血管に負担がかかるため、柔軟性がなくなって硬くなったり、血管の内壁が傷ついたりして、動脈硬化を起こしやすくなります。

 

高血圧によってリスクの高まる病気

〇脳卒中

高血圧によってもっともリスクが高くなるのが、脳卒中です。脳卒中には脳の血管が詰まって血液が流れなくなる脳梗塞、脳の血管が破れて出血する脳出血、くも膜下出血などがあります。最高血圧が10mmHg上がると、脳卒中になるリスクが男性約20%、女性で約15%も高くなります。

〇心疾患

長期の高血圧で起こりやすいのは、心臓の左心室などに負担がかかることで心臓の壁が厚くなる心肥大です。また、心筋に血液を送る役割の冠動脈の血管が詰まる冠動脈疾患も良く見られます。この2つが原因となり、心不全、狭心症、心筋梗塞などの発症リスクが高まります。

〇慢性腎臓病

血圧が高いと肝臓にも大きな負担がかかり、血液中のナトリウムなどの排出がうまくいかず、さらに血圧が上昇する悪循環を起こしやすくなります。心筋梗塞や脳卒中による死亡率が高くなることが分かっています。

 

高齢者における高血圧の割合

高齢者における高血圧の割合は、65~74歳で66%、75歳以上の80%もの人がかかっています。75歳以上に限れば、5人に4人が高血圧となります。年を取ると動脈硬化が進み、血圧が上昇しやすくなります。ただ高くなるだけではなく、血圧そのものが変動しやすいのも特徴の一つです。食後や急に立ち上がった時、入浴後などに降下しやすくなります。

高齢者になってから高血圧になったときの対策、治療法は成人と基本的には変わりませんが、生活の質や充実度を示すQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を保つ意識が肝心だと言われています。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別