深呼吸と睡眠の質、美肌との意外な関係とは?

深呼吸を美容のための健康習慣として日常的に取り入れている人は少ないかもしれません。人間は呼吸を1日に28,800回以上も無意識のうちに行っています。

しかしその呼吸を、意識的に『深呼吸』を取り入れることよって睡眠改善・美肌効果が得られるということをご存知でしょうか?

今回は深呼吸による睡眠と関連した美肌効果について紹介します。

 

深呼吸はどんな効果があるの?

深呼吸はリラックス効果があります。息を吸って、力が抜けるまで息を吐く。これを数回繰り返すと心が安らぐと思いせんか?このリラックス効果は美容にとても効果的で、特に寝る前に深呼吸を数回繰り返してから眠ると安眠効果が得られるのです。ぐっすり眠れないという方は是非お勧めです。

深呼吸によって身体の中の老廃物を吐き出して、体の隅々まで新しい酸素を行き届かせば、細胞の修復や再生をサポートする成長ホルモンの分泌にもつながると言われています。この成長ホルモンがたくさん分泌されることで、お肌のターンオーバーが促進されて美肌に影響してくるのです。

 

自律神経を整う
自律神経の一つである交感神経には、神経を活発にして精神だけではなく身体の筋肉も緊張させる働きがあります。深呼吸には交感神経の働きを抑制して副交感神経を優位にさせ、リラックスモードに切り替えてくれる働きがあります。交感神経は働きすぎると、血管を収縮させ、血行が悪くなってしまいますから、副交感神経が優位になることで血行の促進効果があるのです。

 

内臓の活性化
横隔膜の動きによる内臓の活性化です。
深呼吸によって体の中に空気が入り、横隔膜が働きます。この横隔膜の動きが連動して内臓にマッサージのような刺激を与え、身体全体に血行が促進されます。

 

血行促進による美肌効果
自律神経が整い、内蔵の活性化が起こると「血行促進」に繋がりますが、肌の若返りにも直結する嬉しい効果です。肌年齢が老けて見える原因は、シワやたるみ、肌のくすみが主な原因の2つですが、これは肌の冷えにあるとも言われています。
つまり、深呼吸をして血行促進をすることで、こうした冷えが原因となっているお肌の老け対策にも効果的であると言えます。

 

睡眠の質が向上する
深呼吸によって自律神経を整える作用があると述べましたが、自律神経が整うと睡眠の質も向上します。
夜になってもなかなか寝付けない…そんな経験がある方もいらっしゃると思いますが、それは交感神経が優位になり興奮状態になっている状態です。
この状態は、睡眠の質を低下させてしまいますが深呼吸をすることによって、この交感神経が優位の状態を副交感神経優位の状態へすることができます。
よって睡眠の質が向上します。

 

睡眠と美肌の関係性
睡眠の質が向上すると、お肌にとってどんな効果が期待できるのでしょうか?

 

◯成長ホルモンのスムーズな分泌
成長ホルモンは、1日のうち約70%以上が睡眠中に分泌されているホルモンです。
眠りはじめ、3時間が最も分泌量が多いホルモンですが、
このホルモンがお肌のターンオーバーを促進してくれ日中に受けた紫外線やお肌のシミやくすみの原因となる細胞の生まれ変わりを促進してくれます。
つまり、眠りはじめ、3時間の睡眠の質を向上させぐっすり眠ることができるようになれば、古い細胞がスムーズに新しい細胞への入れ替わり美肌を作るのです。
成長ホルモンが分泌される程新陳代謝もアップしますから、きれいなボディラインづくりにも効果が期待できます。質の良い睡眠、肌の美容、そしてダイエットにも効果的だそうです。これはとても嬉しいですね!

 

◯美肌ホルモン「メラトニン」を分泌させる
成長ホルモンと同じくらい美肌にかかせないと言われている「メラトニン」というホルモンがあります。メラトニンには、強力な抗酸化力があります。
お肌の酸化の酸化とは、「シミやシワが目立ち」「肌のキメが乱れて肌老化しやすい」という状態を指します。メラトニンが分泌される時間は、朝目覚めて目に光が入ってから約14~16時間後と言われています。夜から分泌が始まり、深夜2~3時に分泌のピークを迎えるホルモンです。
メラトニンは、美肌づくりの元となる「成長ホルモン」の分泌を促す働きがあるといわれているので、メラトニンの分泌が多い時間帯に、成長ホルモンの分泌がある時間帯が重複していると美肌効果が最大化します。
簡単に言えば、美肌効果を期待する睡眠を取りたい方は『午前0時までに眠るの』ということを目指しましょう。

 

次ページ
美肌効果促進のための深呼吸はいつが一番ベスト?!

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別