お酒は美肌の天敵!?アルコールとお肌の関係性○


お酒はストレス解消にもなりますし、おいしいですが、飲み過ぎるとお肌に深刻な影響を及ぼします。飲みすぎはお肌に良くないことは知っているけど、やめられないのがお酒ですよね。今回はアルコールとお肌に関係性についてご紹介していきたいと思います。

 

飲酒後に感じるお肌のトラブル

ここでは飲み過ぎた翌日に考えられるお肌のトラブルについて説明していきます。

〇目の下のクマ

お酒そのものがクマを作る原因になるのではなく、帰宅時間が遅くなる場合もあり、睡眠時間が短くなることがあると思います。また、お酒を飲むと寝ている間もアルコールを分解するために体は活動しています。そのため深い眠りが減り、浅い眠りが続いてしまうため、睡眠の質が下がりクマができることに繋がります。

〇ニキビ

お酒の中でもビールや梅酒、日本酒、甘いカクテルなどは糖分を多く含んでいます。糖分を多く摂取すると皮脂が過剰に分泌されます。さらに、お酒によって毛細血管が拡張し皮脂腺が刺激されると、皮脂はなおさら活発に分泌されます。皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まり、ニキビができます。また、お酒は体内に摂取されると、ビタミンB群を多く消耗します。そのためにお肌の代謝がスムーズにできなくなることも、ニキビができる原因の一つなのです。

〇乾燥

アルコールが体内に入ってくると、「アセトアルデヒド」という成分になります。この成分は、分解する過程において多くの水分を使います。また、お酒には利尿作用もあります。水分を摂取しているつもりが、実は排尿によって体は脱水傾向にあり、お肌の潤いをキープするための水分まで失われてしまうため、お肌も乾燥します。

お肉は美肌に効果的○

 

美容(お肌)に優しいお酒

①ハイボール

ウイスキーはカロリーが他のお酒に比べて低く、蒸留酒のため糖分が少なくなっています。糖分摂取を控えておいしくお酒を飲むことで、シワなどの悪影響を避けることができます。

②日本酒

日本酒には比較的糖分が多く含まれています。「糖分が多いとお肌に悪いんじゃないの?」と思うかもしれないですが、日本酒を飲む量に比べるとカロリーも糖質も高くありません。また、日本酒の原料である「麹」は最近お肌にも良いと話題です。

③マッコリ

種類は少し日本酒に似ていますが、マッコリには美肌効果が含まれます。その理由としては、乳酸菌と食物繊維にあります。これらを摂取することで、便秘やニキビを解消することができます。
 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別