なぜ多くの女性が「ファスティング」するのか。「ファスティング」で得られる効果○

夕方になると脚がむくんで辛い、ブーツやパンプじめ芸能人の間で一般化してきている「ファスティング」。日本語で直訳するならば「断食」を意味しています。
「断食」そのものは、昔からの健康法の一つとして知られていますが、一般的な断食とファスティングとの違いや、健康にいい理由はご存知でしょうか。

今回は、ファスティングやファスティングで得られる効果についてご紹介します。

 

ファスティングって一体何?


ファスティングはもともと、分子整合医学をベースに作られた健康法の一つです。分子整合医学では、細胞から異物を排出し、代わりに栄養素を供給することによって自然治癒力を向上させようという研究が進められていました。これを健康維持へ転用したものが「ファスティング」だったんですね。
ファスティングは、伝統的な健康法である断食とは異なり、『体に必要な栄養素と最低限のエネルギーを摂取し、体が本来持っている機能を向上、体質改善を試みる』という取り組みです。

普段の食生活が、添加物だらけだったり、揚げ物、脂質が多いものを食べていたり、生活をおくるだけで消化に大変な酵素量を必要とする毒素を体内に溜め込んでしまいます。
ファスティングでは、そんな体内にある毒素をリセットしてコンディションを整え、身体機能の改善を見込むことができます!
ファスティングの場合には、断食とは異なり「全く飲食しない」わけではなく、
最低限の水分や酵素ドリンク・発酵ドリンクなどのという豊富な栄養素が含まれているドリンクを飲みながら行うものが一般的です。

最近では酵素ドリンクだけでなく、クレンズジュースなどでファスティングする方も多く、女性にとっては身近な、美容のため、健康のための維持方法として定着してきました。

 

ファスティングの効果とは?

では、ファスティングをすることでどんな効果が期待できるのでしょうか?

〇腸内環境を整える
腸内細菌は、約1000兆個あると言われており、これらが健康状態を大きく左右しています。
食物繊維不足やストレスが原因となり、腸内の働きが悪くなったり、免疫力が落ちたりします。免疫力に関係している細胞の70%は腸内でできており、ファスティングで良い働きをする腸内細菌を活発化させることで免疫システムがアップします。

〇ホルモンバランスの改善
日頃の乱れた食事が、ホルモンバランスを崩す要因となっています。
ファスティングは、摂取してしまった老廃物を流してくれるので、腸内環境が整い、結果ホルモンバランスの安定にも繋がります。

〇デトックス
食べ物を食べないことで胃腸を休め、排出力をアップするので、毒素が排出されます。
ファスティングをすると体内環境が整い、体が本来持つ、老廃物や毒素などを排出するチカラがアップするといわれています。便秘に悩む方も多いかと思いますが、便秘も排出力が弱まっている証拠の一つです。

〇ダイエットにつながる
食べ物をそもそも食べないので、摂取エネルギー量が減り、体は動かすためのエネルギーを体内に蓄えられた糖質をメインに使うように切り替わります。糖質を使い切ってしまうと、脂肪を燃焼させエネルギーに転換させはじめます。この切り替わりにより、脂肪の燃焼が起きダイエットにつながるのです。


などのメリットが挙げられます。ファスティン=ダイエットと思っている方も多いかとは思いますが、本来の目的が体内環境を整えることであるので、ホルモンバランスの改善や免疫システムの再生に効果的といわれています。規則正しい生活が難しい人にとっては、休日にファスティングをすることで、崩れがちなホルモンバランスを整え、免疫力アップも見込め、さらにダイエットにもなるという嬉しいメリットばかりです。

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別