冬に乱れがちになる自律神経の整え方

多くの人がこの季節になると悩む「冷え」。冷えると様々な面で身体に不調をきたしますよね。また、厳しい寒さによって睡眠障害を抱える人も…そんな「睡眠」や「冷え」で不調を感じる原因には、自律神経が関係しているかもしれません。
今回は冷えと睡眠障害、自律神経の関係性について紹介していきます。

 

自律神経って何?

自律神経とは末梢神経の1つで、交感神経と副交感神経の2つから成り、それぞれがアクセルやブレーキのような役割を果たしている神経です。

交感神経は、体が緊張したり、集中したりするときに働く神経で、主に働いている時などのいわゆる「オン」の状態のときに高ぶる神経です。一方の副交感神経は、リラックスしているときに優位になる神経で、お風呂に入る時などの「オフ」の状態の際には、この神経が優位になっています。

人は1日の中で交感神経・副交感神経の2つの働きをバランスよく、自動的に切り替えることで、全身の血の巡りが良くし、体温を正常に保つことができます。

また、この神経は自分の意思とは無関係に作用しており、自動的に働くことから自律神経と呼ばれています。自律神経は、消化器や血管系、内分泌腺などの付随意器官の機能も受け持っています。

 


なぜ冬に自律神経は乱れるの?

簡単に言うと、寒さそのものに対してストレスに感じてしまうからだと言えます。寒いと身体が常にストレスにさらされてしまい、そこに日常生活のストレスなども加わることで、自律神経が乱れてしまう可能性があると言えます。

さらには、自律神経は、全身の血の巡りを良くし、体温を一定に保つ働きを担っているので、「冬の寒さ」による体温の低下を防ごうと、フルで稼働し続けている状態です。

そのため、通常はストレスが原因で自律神経が乱れ不調にならない人でも、乱れがちなのは「冬の寒さ」が原因だと言えます。

 

自律神経と冷えの関係性について

血管は交感神経が優位な時に収縮していて、副交感神経が優位の時に弛緩します。しかし2つとも優位な状態になってしまうと、血液の巡りが悪くなってしまいます。
そもそも血液は、必要な栄養素を運んでくれたり、老廃物を排出してくれたりするという身体にとって嬉しい効果があります。それと同時に全身に熱を運びます。つまり、血液の巡りが悪くなると老廃物はたまりやすく、熱も巡回しなくなるため身体が冷えるというわけです。

ストレスや冬の寒さが原因で起こる「自律神経の乱れ」は、むくみや、冷え症にも関連している可能性があるということですね。

 

その他自律神経が乱れる要因とは?

これまで冬の寒さ以外にも、自律神経の乱れの原因は多く存在します。以下のいずれかに当てはまっている方は、寒さ以外にも要因がある可能性があります。


○ストレス
ストレスを感じると、交感神経が通っている副腎皮質が「副腎皮質ホルモン」が分泌します。
同時に副腎皮質の中ではアドレナリンなどが分泌、これらが原因となり「血糖値上昇」「血圧上」「免疫抑制、「覚醒」などが引き起こって、交感神経が優位になります。
このようにストレスを受け続けると交感神経が優位になり続けてしまい、副交感神経とのバランスが崩れ、自律神経の乱れに繋がるのです。ここでいう「ストレス」とは、人間関係のストレス、仕事のプレッシャー・圧力とはじめとして、長時間の過労やケガ、温度、音、光など、自分がストレスを感じるものすべてです。

 

○不規則な生活習慣
通常、体内の器官は規則的な生体リズムに応じて、役割を果たしていますが、睡眠不足や栄養バランスの偏った食生活などの、不規則な生活習慣を送り続けてしまうと生体リズムが狂うようになります。
リズムが狂ってしまうと、自律神経のバランスも自動調整のリズムが狂い、乱れの原因につながります。

○心身疾患
心身の疾患が原因となる場合には、過剰な精神的・身体的ストレスが原因となって発症する自律神経失調症や更年期障害などが原因で自律神経が乱れている場合もあります。

 

自律神経と睡眠について

多くの方は、「冷え」を「ストレス」だと感じる人が多いです。今の季節特有の寒さからくる「冷感ストレス」は、睡眠サイクルに膨大な影響を及ぼしています。冷感ストレスを感じることで、コルチゾールというホルモンが大量に脳の大脳皮質に分泌され、大脳皮質の下にある自律神経にも悪影響を与えてしまいます。質の良い睡眠をとらないと自律神経が乱れ、冷え性になり不眠になってしまうのです。きちんと自律神経を整えて、質の良い睡眠をとりつつ全身の血液の巡りを良くすることが大切ですよ!

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別