冬に乱れがちになる自律神経の整え方

多くの人がこの季節になると悩む「冷え」。冷えると様々な面で身体に不調をきたしますよね。また、厳しい寒さによって睡眠障害を抱える人も…そんな「冷え」を感じる原因には、自律神経が関係していると言われているのです。今回は冷えと睡眠障害、自律神経の関係性について紹介していきます。

 

自律神経って何?

自律神経とは末梢神経の1つで、自分の意思とは無関係に作用していて、消化器や血管系、内分泌腺などの付随意器官の機能を受け持つ神経のことを指しています。自動的に働くことから自律神経と呼ばれています。主に交感神経と副交感神経からなっていて、人は1日の中で交感神経・副交感神経の2つの働きをバランスよく切り替えることで、全身の血の巡りが良くなり、体温を正常に保つことができます。

 

なぜ冬に自律神経は乱れるの?

簡単に言うと、寒さそのものに対してストレスに感じてしまうからだと言えます。寒いと身体が常にストレスにさらされてしまい、そこに日常生活のストレスなども加わることで、体調を崩したりする人が多いのです。

 

自律神経と冷えの関係性について

血管は交感神経が優位な時に収縮していて、副交感神経が優位の時に弛緩します。しかし2つとも優位な状態になってしまうと、血液の巡りが悪くなってしまいます。そもそも血液は、必要な栄養素を運んでくれたり、老廃物を排出してくれるという身体にとって嬉しい効果があります。それと同時に全身に熱を運びます。つまり、血液の巡りが悪くなると身体が冷えてしまい、今現在数多くの人が悩んでいる冷え性に陥る可能性があるのです。

自律神経と睡眠について

多くの方は、「冷え」を「ストレス」だと感じる人が多いです。今の季節特有の寒さからくる「冷感ストレス」は、睡眠サイクルに膨大な影響を及ぼしています。冷感ストレスを感じることで、コルチゾールというホルモンが大量に脳の大脳皮質に分泌され、大脳皮質の下にある自律神経にも悪影響を与えてしまいます。質の良い睡眠をとらないと自律神経が乱れ、冷え性になり不眠になってしまうのです。きちんと自律神経を整えて、質の良い睡眠をとりつつ全身の血液の巡りを良くすることが大切ですよ!

1 2

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別