寒くなると便秘気味になる理由

女性の悩みの一つでもあるのが「便秘」ですよね…。なかには、これまで便秘の症状がなかった人も、寒い季節になると便が出にくいなどの症状が出やすくなると言われています。今回は冬になると便秘気味になる原因を紹介していきたいと思います。

 

便秘になる理由とは

1.我慢してしまうため

温かいオフィスや部屋にいると、どうしても寒いトイレには行きたくないものですよね。これが、冬の便秘の原因の一つにもなっているのです。

2.運動量が低下するため

冬は寒さが厳しく、暖房やこたつが恋しくなる季節ですよね。そのため、外出の頻度が低くなり、家にこもりがちになってしまいます。結果的に、運動量や代謝量が減少してしまいます。また、活動量が減ると腸の働きも鈍くなってしまいます。

せっかく便意を催しても、寒いトイレに行くのはおっくうなものですよね。つい我慢してしまうことで便意が消えてしまい、便秘症状に陥る人も多いのです。最も怖いのはそれが習慣になってしまい、「一日ぐらいなら大丈夫」と思ってしまうことです。その結果、今まで便秘だった人も冬を通して便が出にくい体質になり、一年を通して便秘症状になってしまうこともあります。

3.水分の摂取量が減るため

夏の暑い季節などは喉が渇きやすく水分を摂る機会も増えますが、冬は喉の乾きを感じにくくなりやすいため、自然と水を飲む機会が減ってしまいます。

また、空気も乾燥しているので体の中から乾燥して知らないうちに脱水症状になり水分不足になりがちです。体の中に水分が不足すると、便が硬くなってしまい排便困難が生じると考えられています。

4.お腹が冷えるため

便秘の人の約7割の人が冷え性に悩んでいると言われています。冬は特に体が冷えやすく、腸の蠕動運動が低下してしまったり、血行もわるくなってしまいがちです。その結果、腸内には悪玉菌が増加してしまい、善玉菌が減少することで便秘が引き起こされます。

朝起きた時に、自分のお腹や太ももを触ってみて他の部位よりも、冷たいと感じたら要注意です。冷え性の可能性があります。

1 2

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別