ダイエット成功の秘訣は良質な食事から

ダイエットの基本は運動することと、摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなるようにすることが一般的だと思いますが、どんなに運動を頑張ってもそれ以上に食べていれば痩せるのは難しいです。なのでダイエットを成功させる上で、食事のコントロールは大切な要素だと言えるのです。

今回はダイエットを効率的に行っていくために効果的な食習慣について紹介します。

 

ダイエットにおける食事はどのくらい重要なの?

ダイエットの基本は摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことを重視しましょう。

これまでの食生活を見直しましょう。カロリーの摂りすぎや糖質の摂り過ぎは、いくら運動してもダイエットの効果は得られませんよね。食生活を振り返ると「カロリーを摂り過ぎかな?」や「糖質摂り過ぎだな」と思ったことがありませんか?ダイエットをするなら最初に自分の食事内容をきちんと把握することから始めましょう。ですが一日一食にしたり食事量をできるだけ抑えたりすることは、体調を崩したりする恐れがあるのでやめましょう。

 

食事制限のやり方

朝・昼・夜の三食で食事の量を変えてみましょう。朝食を抜いたり、夜食べすぎると太るって聞いたことありませんか?それはエネルギー消費量が関わってくるからです。では説明していきましょう。

〇朝

「朝は仕事で早い」「朝は支度で忙しいから食べる暇がない」といった理由で食べない方もいるかと思います。ですがこれは良くありません。朝食を抜くとエネルギー不足に陥り、筋肉量が減りやすくなってしまいます。筋肉量が減ると痩せにくい体質になってしまいます。なのでなるべく朝食をとるように心がけるようにしましょう。

〇昼

日中は最も活動的で消費カロリーが高く時間帯です。なので他の時間帯より多めにカロリーを摂取しても大丈夫です。なので昼食は揚げ物やハンバーグなど多少カロリーが高い物でもいいです。定食のようないろいろなおかずが食べられる多様な栄養素を摂取できるものがおすすめです。

〇夜

一日お疲れ様です。という意味でたくさん食べてしまう人もいるのではないですか?この時間帯が一番危険です。夜は活動量が少なくエネルギー消費が低い時間帯だからです。カロリーを摂りすぎると消費しきれず余ってしまうため、脂肪へと変わってしまうからです。なので夕食はなるべく食事量を抑え、糖質や脂質を控えることをおすすめします。

1 2

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別