忘年会続きでしんどい…。二日酔い即効リセット術

楽しい忘年会。ついつい飲みすぎてしまい、翌日いつ経験してもしんどい二日酔いになってしまうのは避けられないものだろうか?そう思ってる方はほとんどだと思います。このつらい症状から立ち直る方法があることを今回は紹介します。

 

二日酔いの原因は?

まずは二日酔いの原因について簡単に説明します。二日酔いは主にアルコールの摂り過ぎによる脱水症状や、アセトアルデヒドの作用、胃の炎症が原因です。それらが不調をきたして体の具合が悪くなるのです。これについての対策を考えましょう。

二日酔いの対処法は簡単に説明すると水分補給、アミノ酸やビタミンの補給、胃薬の服用、あまりにひどい場合は医療機関に相談といった方法があります。

 

二日酔いになった時の対処法!

〇水分補給

お酒に含まれるアルコール類は利尿作用があり、尿として外に排出されます。おつまみに塩気が含まれるものが多くこれも水分が失われるもとになります。なので二日酔いの時は水分不足になっていると考えてください。

そして二日酔いの翌朝にはまず水分を補給することです。特におすすめなのは糖分や塩分が含まれているスポーツドリンクです。二日酔いの時は塩分や糖分が尿の排泄によって不足していることが多く、真水より胃に優しいのです。まずは最初にこれを行いましょう。

〇吐き気や胃もたれには胃薬を飲む

アルコールには胃を刺激して食べたものを消化するための胃酸の分泌を促します。アルコールの刺激によって胃の粘膜の働きが弱っていると、不快な症状を引き起こすのです。特にすきっ腹でお酒を飲むと刺激を与えやすいので注意です。

なので胃のもたれや吐き気の症状がきつい時は胃薬を飲んでください。胃酸を抑える制酸薬や、乳酸菌剤や整腸剤、吐き気を抑える中枢神経も有効です。まずは胃を早く治して普段の食生活に戻しましょう。

1 2

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別