顎ニキビは胃腸疲労のサイン?原因や直し方とは○

朝起きて顎にニキビができているとものすごくショックを受けますよね。一度治ってもまた同じ場所にできたりと、かなりやっかいですよね。さらに触ってしまうと治りにくくなってしまいます。
今回は顎ニキビの原因や対策法について紹介していきたいと思います。

 

顎ニキビは繰り返し…?!

ニキビは顔のTゾーンに出きやすいですが、顎にもできてしまうことも多いです。
顎はおでこや小鼻とは違い、どうせ汗もかかないし、ケアなんてしなくてもいいでしょと思う方もいるかもしれません。しかし顎は皮脂が詰まりやすく乾燥しやすい部分です。なので、顎はおでこなどと同じくきちんとケアする必要があります。顎は簡単に手が届く部分のため、無意識のうちに触ってしまうことや髪の毛が顎に当たりやすくなっています。そのため雑菌が入りやすく、ニキビが悪化してしまうのです。治りかけのニキビでも、雑菌がつきやすいということから、治りにくく繰り返しやすいという特徴があります。

 

顎ニキビの原因とは

〇ホルモンバランスの乱れ
生理前になると、顎ニキビができやすいと感じたことはありませんか?実は顎ニキビに大きな影響を与えているのが、ホルモンバランスの乱れです。

女性の身体は、生理周期によってホルモンバランスが変化します。生理~排卵までは「エストロゲン」、排卵~生理までは「プロゲステロン」という女性ホルモンが多く分泌されるようになります。プロゲステロンは皮脂の分泌を促す働きがあるため、元々皮脂腺が多い顎にはニキビができやすいと考えられています。

また、皮脂分泌が多い思春期よりもストレスなどでホルモンバランスがよく乱れる大人の方が、ニキビはできやすいです。

「女性の体内では、生理がはじまってから排卵までの期間にエストロゲンというホルモンが多く分泌され、排卵後から次の生理までの期間にプロゲステロンというホルモンが多く分泌されています。妊娠のために必要なホルモン量の変化ですが、プロゲステロンには皮脂分泌を活発にする働きもあるといわれています。そのため、プロゲステロンの増加が、生理前にニキビが増悪する要因の一つと考えられています。」

引用元「livedoor(皮膚科医 中村由紀先生監修記事):http://news.livedoor.com/article/detail/14940106/

 


〇皮脂の詰まり
顎には汗腺が少ないため、乾燥しやすい部分です。その反面、皮脂腺が多くあるので皮膚の水分不足を補おうとすることで、皮脂分泌が過剰になります。そうなることで毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなってしまうのです。

また、顎の部分は炎症が起こり症状が悪化しやすい場所でもあります。一度ニキビができてしまうと治りにくくなってしまうことや、再発する場合が多くなっています。

「顎の周辺は汗腺が少ないので、乾燥しやすい場所です。その一方で、皮脂腺が多くあるため、皮膚の水分不足を補おうとして皮脂分泌が過剰になります。そうなると、毛穴に皮脂が詰まりやすくなるので、意外とにきびができやすい場所でもあります。また、炎症が起こって症状が悪化しやすいといわれる場所で、一度にきびができてしまうと、治りづらかったり、再発しやすかったりする場合が多いようです。」

引用元「Kracie:http://www.kracie.co.jp/ph/yokuinin/acne/acne04.html

 

〇間違ったスキンケア
メイクの洗い残しや間違ったスキンケアが顎ニキビをできやすくさせてしまいます。洗顔ではメイクをしっかりと落とすことは大切ですが、皮脂をとりすぎるのもよくありません。

特に顎は乾燥しやすい部分となっていて、洗顔をしすぎると皮膚を守っている皮脂がなくなってしまい、さらに乾燥がひどく悪化してしまいます。そうなると皮膚が危険を察知し、さらに皮脂を分泌してしまいます。それが原因で毛穴に皮脂が溜まり、ニキビの原因になります。

「にきび対策に欠かせない洗顔ですが、皮脂を取り過ぎるのもよくありません。とくに、顎は乾燥しやすい場所なので、洗顔をし過ぎると皮膚を守っている皮脂がなくなり、乾燥がひどくなります。そうなると肌を守ろうとして、さらに皮脂が過剰に分泌されます。このため、皮脂が詰まりやすくなってにきびの原因になることも。」

引用元「Kracie:http://www.kracie.co.jp/ph/yokuinin/acne/acne04.html

 

〇生活習慣の乱れ
毎日の食事で栄養が偏ると、肌にも悪影響が出てしまいますので、栄養のバランスを考えながら食事をしましょう。特に、菓子パンや糖分が多い食べ物、揚げ物などの脂っこい食べ物ばかりを摂取していると、皮脂の分泌が過剰になり顎ニキビができやすくなってしまいます。

食生活以外にも睡眠不足やストレスが溜まってしまうことでホルモンバランスが乱れる原因となり、顎ニキビができる原因に…


〇胃腸の不調
ストレスがかかると、胃腸症状が表れることがあります。下痢の場合は、肌に必要な栄養素を十分に吸収できなくなります。また、便秘になると腸の蠕動(ぜんどう)運動が低下し、血流やリンパの流れが悪くなり肌のターンオーバーに影響することがあります。

その他にも免疫力の低下やなどが原因として挙げられます。胃腸が不調になると自律神経が乱れて、免疫力が低下してしまいます。免疫力が低下してしまうと肌のバリア機能も低下して顎にニキビができやすくなります。

 

顎ニキビを改善するには

顎に繰り返しできるニキビを改善するには、ホルモンバランスを改善するケアのほか、正しいスキンケアを身につけ、食生活を改善するといったセルフケアが考えられます。それでは具体的なポイントを見ていきましょう。


〇ホルモンバランスの改善
良質な快眠・ストレスの軽減でホルモンバランスを整えられる可能性があります。顎のニキビ対策として大切なのは、リラックスすることにあります。ストレス解消法はそれぞれだと思いますが、自分にあったストレス解消法でストレスとうまく付き合っていくことが大切です。


〇正しいスキンケア
顎ニキビの改善には、皮脂を清潔に保つ洗顔も有効です。特に化粧品の成分などが残っていると、細菌のよいエサになることもあります。しっかりと洗い流しましょう。ただし、洗いすぎは皮膚のバリア機能を低下させるため逆効果です。皮脂は本来、一定の量は必要なものです。その皮脂を洗顔のしすぎで取り除きすぎると、それを補うために皮脂分泌量が過剰になる場合があります。

 

次のページ
顎ニキビができにくくなる食材とは?

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別