実は痩せやすい!?冬から始めるダイエット○

また、夏に運動するのと冬に運動するのでは、どちらがカロリーを消費するのでしょうか?

一見、夏の方が汗をかきますし、暑さによって疲労度も高いので、夏の方がカロリー消費が多いと思われがちです。しかし、寒さから身体を守るために、体温を上げようという働きが冬の方が強くなるため基礎代謝が向上、結果として消費カロリーが高いのです。

つまり、冬に運動をした方が効率が良いのです。

新常識!「冬は痩せやすい季節」

なぜ「冬こそ痩せやすい季節」と言われているのかというと、私たちの基礎代謝と深く関係しています。

人は、体温を一定に保とうとする動物です。人間は、気温が寒いことで体温が低下することがないように、体の脂肪を燃やして体温を上昇させ、体内の温度を一定に保とうとする働きがあります。これは恒常性(ホメオスタシス)と言って、私たちの生命を維持するための本能的な機能です。この働きが「冬こそ痩せる秘密」に繋がっています。

図1をご覧ください。
基礎代謝とは、体温維持・拍動・呼吸など、人が生きていくために消費する最低限必要なエネルギーのことを言います。
冬は外気温が著しく下がり身体が冷えます。人は体内の内臓や筋肉などの組織を守り生命活動を維持するために、たくさんの熱=エネルギーを発生させる必要があります。冬は、運動量が少なく筋肉が消費するエネルギーは減る傾向がありますが、基礎代謝量は逆に増えるということです。

冬に入る前には身体を守るために皮下脂肪をため込む傾向があるので、秋はグッと基礎代謝が落ちます。その影響もあって冬は太りやすいという印象がありますが、実は「冬は脂肪を燃焼しやすい=痩せやすい」季節なのです。

図1:Jpn. J. Biometeor. 24(1): 3-8, 1987 より

図1:Jpn. J. Biometeor. 24(1): 3-8, 1987 より

冬のダイエットにはこんなメリットがある!

冬は基礎代謝がアップするので運動を行うといつもよりカロリーを消費します
冬のダイエットは他の季節では得られないメリットがいくつかあります。わかりやすく以下にまとめてみました。

・効率的

冬は夏に比べて、基礎代謝が高いため夏よりも少ない運動量でも脂肪燃焼効果があります。また温度差がある季節なので、褐色脂肪細胞へ刺激を与えることで働きが活発になり脂肪燃焼効果が促進されるそうなのです。

褐色脂肪細胞とは脂肪を燃焼させる細胞のことです。赤ちゃんの頃には多く存在していますが、加齢とともに数が減ってしまいます。 大人には肩甲骨周囲や脊椎周囲に限定して存在しており、寒いとき、交感神経の活動が高まるにつれて活性化し、体温が下がりすぎないよう熱を産生します。

・冷え性対策になる

血液が温まり、全身の血行が改善されるので体の隅々まで熱が通うようになります。これによって身体の末端まで新鮮な酸素や栄養が巡ります。老廃物排出も促進され、むくみ防止効果もあります。

・食べながら健康的にダイエットできる

ダイエットは食事制限が必ずしも必要だと思う人が多いかもしれません。しかし単純にそうとも言えないのが実際のところです。

空腹時に運動をするよりも、食べた後に運動をする方が脂肪燃焼効果がアップします。特に有酸素運動は運動後もその効果が数十分~数時間持続します。この間、脂肪が燃焼され続けるのです。

 

1 2 3

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別