お肌の奥に潜んでいるかもしれない「シミ予備軍」

皆さん、シミ予備軍って知ってますか?出来てしまったシミは、美容化粧品を使っても消すことは難しいですよね。シミになる一歩手前のシミ予備軍の段階でシミになるのを防ぐことができれば、一度できてしまうと消えにくいシミに悩まされずに済むのです。今回はシミ予備軍とは何なのかという事とシミ対策方法を紹介します。

 

シミ予備軍って何?

まずシミができる手順として、メラニンという肌を守る役割を持っているものがケラチノサイトという色素細胞に送られます。通常は肌のターンオーバーという過程でメラニンが排出され、肌は元の色に戻るのですが、年齢を重ねるとストレスや睡眠不足、紫外線を大量に浴びること等によりメラニンが残って、色素沈着を起こしシミになるのです。

シミ予備軍とは、メラニンが肌に累積してシミになる一歩手前の「隠れジミ」の状態の事を言います。紫外線を多く浴びている人をはじめ、肌のくすみが気になったり、化粧のノリが悪くなったりしているなどターンオーバーの周期が乱れている可能性があり、シミ予備軍が肌の奥に潜んでいる可能性があります。エステや化粧品売り場で特殊な機械を使った肌診断を受けると、シミ予備軍の画像が確認できるので試してみましょう。

 

シミ予備軍を予防しよう!

シミ予備軍を防ぐことはシミをつくらないための予防になります。ここからはシミ予備軍を予防するポイントを紹介します!

〇日焼け止めや帽子、日傘を使用して紫外線を避けよう!

紫外線は夏だけではなく、春、秋、冬にも降り注いでいるのです。シミ予備軍ができるのを予防するためには、紫外線対策は一年中必須です。極力肌の露出を控えたり、日焼け止めクリームをしっかり塗ってケアを忘れないようにしてください。

〇肌のターンオーバーを意識しよう!

睡眠をしっかりとり、栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう!ターンオーバーが正常であれば、シミの元になるメラニンは皮膚の表面まで押し上げられると、垢となって自然に肌から剥がれていきます。

ですが睡眠不足だと成長ホルモンの分泌が減少したり、ストレスが原因で血液の流れが悪くなったり、食事の量が少なくて栄養不足になるとターンオーバーが 正常に行われなくなり、メラニンが剥がれずシミになってしまうのです。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別