子育てママ必見!食育の重要性○

子供に食事を作るとき、食育について考えたことはありませんか?子供に「好き嫌いはいけない」と教えることもあると思いますが、自分も苦手なものがある…そんなことがありますよね?子供を教育する上で大人がきちんと理解して、これから成長していく子供に伝えていきましょう!

 

食生活をチェック!!

日頃の食生活をチェックしてみましょう。以下のことがないですか?

・食文化の後退
・好き嫌いがある
・食品アレルギーの増加
・夜型の生活習慣と食生活習慣病
・家族団らんから孤食へと変わる
・バランスを欠いた不規則な食事
・噛めない子供が増えている

などです。これらは食生活の乱れから引き起こされるものです。これによる生活習慣病が続くと病気が発生したりします。また、病気の原因のうち遺伝は3割、生活習慣が7割となっています。死亡原因の62.8パーセントが生活習慣病で占められており、これを改善しなければいけません。

現代はインスタント食品や調理済みの総菜など、手軽にすぐ食べられる商品が多く販売されています。普段の食事をそれだけで済ませているという方もいて、簡単で便利なものを好んでいる傾向にあります。

自然のものを取り入れたり、素材を気にすることが少なくなってしまい、添加物の多い食事になってしまったことからも食育は必要があると思います。

 

食育基本法!!

自分自身の健康を守り、健全で豊かな食生活を送る5つの力を育てるために、このようなことをお子さんと行うのはいかがでしょうか?

1.食べるものを選択する力

お子さんに「何が食べたい?」と聞いたり、「どんな食べ物が好き?」と食べ物に関するコミュニケーションをとることで食に関する知識や興味を持たせるといいと思います。

2.料理を作る力

最初は自分が料理をするところを見せて興味を持たせ、簡単な料理をお子さんと一緒に作ることで料理の大切さ、大変さを教えるということです。試しにお子さんとサンドイッチを作ってみてはいかがですか?

3.食べ物の味がわかる力

これは甘い、これはしょっぱい、これは苦い…これらはお子さんが初めて感じる食べものの味覚です。これによって好き嫌いが分かれると思いますが、どんな反応するのか確かめてそこからどうしようか考えてみてみるのが良いと思います。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別