冬の化粧崩れを防ぐ裏技公開!○

暑い夏に化粧崩れは起きる…多くの方はこう思ってるのではないでしょうか。いいえ、実は寒い冬でも化粧崩れは起こるのです。しかしなぜ化粧崩れは起きるのでしょうか。
今回は女性必見!冬の化粧崩れを防ぐ裏技を紹介します。

 

化粧が崩れる理由

出かける前に時間をかけて化粧をしたのにも関わらず、夕方になるころには化粧が崩れている…なんて人は多いと思います。実は化粧崩れが起きる原因は、汗や皮脂、乾燥と言われています。


〇汗・皮脂
私たち人間は汗をかくことで体温調節をして、皮脂を分泌し肌の適度な水分を保持しています。しかし過度なストレスがかかったり、ホルモンバランスが乱れると過剰分泌する恐れがあります。そしてその過剰分泌された汗や皮脂によって化粧が崩れてしまうのです。

また、いくら汗や皮脂が出ているからといって、こまめにあぶらとり紙などを使用していると、肌が水分不足と判断して余計に皮脂が分泌されてしまうこともあります。そもそもメイク用品の成分は油に溶けやすい性質を持っています。皮脂が過剰に分泌されるとファンデーションが溶けだし、それが化粧崩れとなってしまいます。その他にも皮脂の量が多いとファンデーションがお肌に上手く密着できず、化粧崩れにつながるのです。

〇乾燥
エアコンの効いた部屋に長時間いたりするとどうしても肌は乾燥してしまいますよね。
お肌の水分が不足すると潤いが足りず、化粧自体が肌に密着しにくくなります。また、乾燥していると外的刺激から守ろうと皮脂が過剰に分泌されてしまいそれが化粧崩れの原因の1つでもある皮脂につながるのです。
今のこの季節も乾燥しやすい季節であるため、保湿力を高めるスキンケア不足などが原因で、お肌が乾燥することで化粧品への吸着率が低下して、化粧崩れが起きてしまうのです。

スキンケア後にすぐ化粧
スキンケアをした後にすぐにメイクをすると化粧崩れをしにくくなります。
化粧自体は肌に乗せているような状態なので、化粧水の水分やクリームの油分が肌に多くあると肌に密着しにくくなり、それが化粧崩れとして肌に現れます。

 

どんな人が化粧崩れしやすい?

暑いと感じると体温を下げようと汗が分泌されますよね。夏は当然気温も高く汗をかきやすくなっていますが、冬も汗をかく機会があります。冬は気温が低いため電車の中でも家の中でも仕事先でも、エアコンやストーブを使用している人が多いのではないでしょうか。エアコンやストーブが効きすぎていると、少し動いただけですぐに暑くなり汗をかいてしまいます。顔から出る汗はほぼ水分のため、汗の量が少なければ汗拭きシートなどでサラッと拭くだけであまり化粧崩れは気になりませんが、一体どんな人が化粧崩れしやすいのでしょうか。

主に

・多汗症の人

・体脂肪が多い人

・普段から運動不足の人

などに当てはまる人は顔に大量の汗をかいてしまうため、どうしてもメイクが崩れやすくなってしまいます。

 

化粧崩れしないスキンケアテクニック公開

冬のメイクに関しては、コツを押さえておくだけでかなり変わっていくので紹介していきます。

〇洗顔はぬるま湯で
夏と違って冬の季節は乾燥しやすく、寝ている間も乾燥しています。そういった時はぬるま湯で優しく肌を包み込むようにして顔を洗いましょう。肌はデリケートなため、あまりにも熱すぎる温度で洗顔をしてしまうと負担をかけてしまい、かえって乾燥しやすくなってしまいます。
また、洗顔料についても気をつけるべき点が…洗顔料を泡立てずに手のひらで力強く洗顔をしてしまうと、肌に負担をかけてしまいます。洗顔料はきちんと泡立てて優しく丁寧に洗うようにしましょう。洗顔を気をつけるだけで肌はガラリと変わりますよ。

 

〇潤いを持たせる
洗顔後はしっかりと肌を潤わせましょう。冬は特により潤いをもたらしてくれるものの方がおすすめです。

○毛穴ケア
毛穴が開きっぱなしになると皮脂が過剰に分泌されてしまいます。また、余分な皮脂や古い角質が毛穴に詰まると角栓にもなります。角栓が詰まったままだと毛穴も開きっぱなしになり、それを放置すると酸化してどんどん黒くなってしまいます。そうならないために、メイクを落とした後に蒸しタオルを顔に当てるだけで毛穴がしっかりと開くので、汚れを落としながら毛穴を引き締めることができますよ。

 

〇潤いを持たせる
洗顔後は、美容液、乳液やクリームなどを利用してしっかりと肌を潤わせましょう。
冬は特により潤いをもたらしてくれるものの方がおすすめです。


〇1工程ずつあける
急いでいたりするとどうしても1つ1つの工程の間に時間をあけないで、パパっと終わらせてしまいますよね。しかし化粧崩れを防ぐには、工程1つ1つにしっかりと間を持たせることが大事になってくるのです。乳液がペタペタした状態で下地を塗ったりすると、かえって化粧がよれる原因になりますよ!

 

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別