老化の原因は「糖化」だった

私たちは食事なしでは生きてはいけないですよね。食事のとり方を気をつけないと肌トラブルが起きることがわかってきました。その肌トラブルの原因は糖化です。この糖化は誰にでも起こる現象なので、大きなダメージが襲ってくる前に、しっかり対策をしましょう。

 

肌のトラブルは糖化が原因?

糖化は体内で不要な糖とたんぱく質が結合し、AGEs(糖化最終生成物)という老化物質を生成してしまう作用のことをいいます。

糖化は肌を老化させる大きな原因の一つで、肌に悪影響を与えます。くすみは肌のハリや弾力を生み出すコラーゲンが糖化することでも起きる可能性があるのです。もともとコラーゲンやケラチンは透明なのですが糖化すると黄色や茶褐色に変化します。この色の変化が肌の内側で起こることでくすみにつながるのです。

糖化は突然起こるわけではなく、毎日の食生活がそのまま糖化につながり、どんな人の体にも起こり続ける現象なのです。

 

糖化の影響は体中に…

ここまで、肌を老化させるとはなしてきました。血管や筋肉など人の体の大体の部分はたんぱく質から作られています。そのため食事などで糖質が体に入ると、体の中の様々なところにあるたんぱく質と糖質が結合し、たんぱく質が劣化します。その劣化したたんぱく質(AGEs)が体に溜まり、悪さをするのです。

AGEsが溜まると血管がもろくなったり、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる病気が発生するリスクが上がります。そして、このAGEsはなかなか体外に排出されません。糖質自体が身体に悪い物ではなく、摂りすぎがいけないということを覚えておきましょう。

 

糖化がどんどん進む、原因は?

糖化は体内で起こる反応と、体外からの摂取があります。

〇体内で起こる反応

高血糖が続きます。血糖値は血液中に含まれる糖分の量のことで、食事のたびに上がり、時間と共に下がっていくのが一般的です。しかし、食事の内容によっては血糖値が大幅に上昇したまま、なかなか下がらない状態が続いてしまいます。

血糖値が高くなればなるほど、AGEsが発生する可能性が高くなるので注意してください。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別