年配の方こそ「プロテイン」を飲むべき理由○


誰しもがいつまでも健康で元気よく過ごしていきたいと思うのではないでしょうか。シニアの世代の人たちに必要なものは健康だという人もいます。しかし若いころと比べると体力や身体能力にはかなりの違いが生じています。そこでおすすめしたいものが「プロテイン」です。

そこでプロテインについて紹介してきます。

 

シニアの健康状態

シニアと呼ばれている方の3割近くは低栄養状態にあるといわれています。低栄養とは簡単にいうと、体に必要な栄養素が不足している状態のことを指します。シニアの方々は健康でありたいと思うあまり、過度な運動をしてしまう方もいます。

しかし年齢を重ねていくとともに運動能力が低下して、さらには運動に必要なエネルギーが不足している体で運動をするのは実は危険なのです。運動は確かに大切ですが、きちんと運動のできる体をつくることが大切なのです。

シニアは「たんぱく質」「食物繊維」「ビタミンB6」「亜鉛」「カルシウム」「鉄」などが不足しています。実は運動量が多いシニアの方がエネルギーとたんぱく質は不足しています。そもそもたんぱく質は私たちが生きていくうえでは欠かせない栄養素ですが、シニア世代の方々にたんぱく質不足が生じるのには、加齢の他にも消化能力が低下することが原因とも考えられています。

栄養が不足してしまうと、あるリスクが伴うことがあります。それは「骨粗鬆症」です。そうならないために必要なものが「プロテイン」なのです。

 

なぜ年配の方がプロテイン?

実はプロテインを飲むだけで筋肉量が700g増加するのだとか。筋肉は生きていくうえで重要なものですよね。筋肉があることで基礎代謝が上がったり、冷え性が改善されやすかったりと体に様々なメリットを得ることができるのです。また高齢者はたんぱく質が不足しがちなので、プロテインを飲むことによって落ちてしまった筋肉を取り戻すことができるのです。

プロテインにはたんぱく質の量が80%の「カゼイン」とたんぱく質の量が20%の「ホエイ」という成分に分けられています。即効性のあるホエイと持続性のあるカゼインですが、それぞれの特性をしっかりと理解して健康に役立てていきましょう。

また、いくら食欲がないからといって、プロテインだけで済ませるのは体に良くないのでやめましょうね。また飲む量をきちんと測りましょう。飲みすぎるとカロリーオーバーにつながりますよ。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別