マタニティライフにできる筋トレ

腹筋運動といえば、仰向けから上体を起こす動作を思い浮かべると思います。妊娠中に腹筋運動をすると聞くと驚いてしまうかもしれません。しかし、妊婦さんが腹筋を鍛えることでたくさんのメリットがあるのです。今回は妊婦さんが腹筋を鍛えた方がいい理由と、鍛え方についてご紹介していきます。

 

妊婦さんは運動をしていいの?

妊娠中に運動することは体的にも精神的にも良い効果が期待できます。妊娠し、お腹が大きくなっていくほど体には様々な変化が起き、体の痛みなども起きやすくなります。体調に支障がない程度の運動をし、筋肉を鍛えていると妊娠中の腰や股関節の痛みを軽減させることができます。また筋トレや運動をし、体力をつけておくことで安産になりやすく、筋トレ・運動をしていない人と比べると産後の回復が比較的早いと言われています。

妊娠中はホルモンバランスの変化で不安感、イライラを感じやすいです。しかし運動をすることで気分転換ができるので落ち着いた精神状態を保てます。

 

なぜ腹筋を鍛えるの?

妊娠中はつわりやお腹のふくらみなどで、どうしても運動量が減ってしまうのです。筋肉の衰えは腰痛や背中の痛みを引き起こしやすく、妊娠前にできていたことができなくなることもあり、毎日の生活に影響を与えてしまいます。体が痛くなるとより運動ができなくなり、運動不足になるという悪循環になります。

妊婦さんが腹筋を鍛えることで腰や背中の痛みを防ぐだけでなく、出産時のいきみのための力も出しやすくなるのです。

腹筋や筋トレ、運動は妊娠中期に入ってからにしましょう。妊娠初期は流産になりやすく、安定しにくい時期なので安静にしてください。

 

妊婦さんにおすすめの腹トレ方法

妊娠中の腹筋運動は、過度にお腹に負担がかからないものを選びましょう。ポイントは息を吐くときに、呼吸を意識することです。深呼吸をしながら筋トレをするとよいでしょう。

 

〇階段上り

出産の際に必要な足や腹筋、骨盤底筋が鍛えられる運動として階段の上りが良いとされています。休日はハイキングに行ったり、デパートに買い物に行ったとき、階段を使うようにすると自然に筋トレを行っていることになります。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別