人気おでんメニューで冬美容を充実させよう○

みなさんの好きなおでんの具はなんですか?

寒い季節にあったかいおでん。日本独自の食文化であり、冬の楽しみでもありますね。寒くなってくると店頭におでんのメニューが増えたりして、季節の移り変わりを感じる定番メニューでもあります。色々な具材を選んで食べれるのがおでんの魅力でもありますよね。

そんな冬の風物詩であるおでんですが、実は、美味しいだけでなく美容ダイエットにも良い効果があるんです。

今回はおでんの具材が及ぼす美容効果やダイエット効果についてご紹介します。

おでんとは?

おでん(御田)とは、日本の煮物料理、或いは鍋料理の一種です。

鰹節と昆布でとった出汁に味を付け、さつまあげやはんぺん、つみれ、蒟蒻、大根、じゃがいも、がんもどき、ちくわ、牛すじ、ゆで卵、厚揚げ、その他いろいろな具材を入れて、長時間煮込み、味を染み込ませたものです。おでんの具材やつけだれの種類は地域や家庭によって異なり、独自の食文化を生んでいます。

「おでん」は元々、「田楽」を意味しており、室町時代に出現した「味噌田楽」、串刺しにして焼いた「焼き田楽」、茹でた「煮込み田楽」などを総称して「おでん」と呼んでいました。

その後、江戸時代におでんが「煮込み田楽」、田楽が「焼き田楽」と分けて指すようになり、今のおでんのスタイルとなったようです。

おでんはなぜ美容に良い?

〇美肌をつくる

の時期は特に、お肌の乾燥が気になってしまいますよね。乾燥はお肌のバリア機能を衰えさえ、様々なトラブルの引き金となります。

お肌を強く健康的に保つには様々な栄養素が必要となりますが、その中でも重要なのはたんぱく質です。

たんぱく質が不足すると、新しいお肌を生成するための材料が足りず細胞を修復するスピードが落ち、お肌が老化してしまいます。

たんぱく質が十分に補給されることで、新しい(若い)細胞が作られ、お肌の正常なターンオーバーが行われ美しい肌が保たれます。

おでんの具材には低カロリーで良質なたんぱく質を摂れる卵や、「畑の肉」と呼ばれる大豆をメインで使用した厚揚げ、がんもどきなどがあります。

その他にもおでんには、ビタミンや食物繊維が豊富な大根、食物繊維が豊富なこんにゃくや昆布、コラーゲンが補える牛すじなど、美肌に良い食材が揃っているんです。

それぞれの栄養素や効能については、後ほど具材別にまとめますのでそちらをご覧ください。

〇ダイエットができる

カロリーを気にしている方は大根やこんにゃく、昆布などを選ぶと良いと思います。。大根やこんにゃくは大きいのにもかかわらずカロリーが低く、食べ応えがあるのが特徴です。また昆布には食物繊維が豊富で腸を刺激し便通を良くしてくれたり、腸内の善玉菌のエサになることで腸内環境が良くなります。

大きい食材は噛むことで脳の満腹中枢を刺激し食べすぎ予防にもなっています。ですので結果的にダイエットにもつながります。

カロリーを気にしている方に最適なのが、大根やこんにゃく、昆布などの具材です。これらはお腹の中で膨れて溜まってくれるうえ、咀嚼を促すため満腹感も得られやすいのです。

大根やこんにゃくはボリュームがあるにもかかわらずカロリーが低く、食べ応えがあるのが特徴です。またこんにゃくや昆布には食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は腸を刺激し便通を良くしてくれたり、腸内の善玉菌のエサになることで腸内環境が良くなります。

大きい食材は良く噛むことで脳の満腹中枢を刺激し食べすぎ予防にもなます。ですので良く噛んで食べるように意識しましょう。ゆっくり時間をかけて美味しい食事を楽しむだけで、結果的にダイエットにもつながります。

〇身体があたたまる

温かい料理は消化しやすく吸収も行いやすいことが、おでんが身体に良い理由のひとつです。身体を内側から温めると、血行がよくなり便秘解消や脂肪燃焼に良いとされています。また、人は温かいものに触れることで緊張がほぐれ疲労回復できるほか、ストレスから解放されて精神的に癒され安定したり、落ち着いたりします。

温かさは、身体を健康的にするだけでなく、メンタルも元気にしてくれるのです。いっとき注目されていた「温活」も、心を元気にするのに効果があります。

ストレスは美容やダイエットにおいてはかなり悪影響を及ぼすことがわかっています。お腹を温めるとリラックス効果が働き、ストレスが解消します。お腹には「労宮(ろうきゅう)」という心臓とつながっているツボがあり、温かい飲み物や食べ物は緊張した心を落ち着かせ、心に余裕を持たせることができるのです。

注意しよう!!

おでんは出汁と食材のうまみがたっぷりとしみ込んでいておいしいですよね。そのため食べ過ぎてしまったり、汁をたくさん飲んでしまったりしていませんか。

おでんにはしょうゆや塩の塩分、その他にも練り物にも塩分が多く含まれているため、食べすぎや汁の飲みすぎは健康的にも良くないのです。また塩分の摂りすぎはむくみの原因にもなってしまうため、美容的にも良くありません。おでんを作るときは出汁を使い塩分を控えめにする、売られているおでんの汁は飲み干さないようにするなどして、塩分の摂りすぎに注意しましょう。

またおでんでは野菜が不足してしまうので、カラフルな野菜はサラダやスープ、おひたしにするなどして野菜を摂取しましょう。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別