目元のクマ改善も!美容液の効果○


みなさんは目元のクマについて気になることはありますか?

クマは寝不足になった場合などによくできやすいですよね。
いくらメイクで隠れるとはいっても、あって良いことはありません。できればなくしたいと思ってらっしゃるでしょう。

そこで朗報です!
実は、目元美容液でクマが改善できるんだとか。
もし本当に、ホームケアでクマが改善できるのならば知りたいですよね?

今回は目元美容液について紹介していきます。

 

クマができる原因と種類

クマといえば、目の下にあるくすんだ色の悪い部分のことですが、実は人によってできる原因や症状が微妙に違います。
目の下のクマは大きく分けて3種類存在しており、複合的に発生しているケースも少なくありません。

 

〇黒クマ

年齢を重ねていくうえで目の下のたるみが原因で影ができてしまい、色が変わって見えるのがこの黒クマです。
目の下の眼窩脂肪を支えている筋肉が緩むために、その筋肉によって支えきれなくなった脂肪が余り、目の下に飛び出すことによって、下まぶたにへこみができてしまいます。
そしてさらにはコラーゲン不足による肌組織の衰えも重なり、目の下の皮膚のハリが失われ皮膚の張力を保つ力が弱くなって影をより濃くしてしまうのです。

 

〇茶クマ

目の下にシミや色素沈着ができている状態のことをいいます。
主に化粧品の落とし残しや物理的な摩擦による色素沈着が原因となっていて、皮膚を引っ張っても色が薄くなったりすることはありません。

目の周りは乾燥しやすかったり摩擦を受けやすい場所です。そういったことから肌のターンオーバーが乱れ、メラニン色素が蓄積されて色素沈着を引き起こすのです。

睡眠時間を長めにとってもクマが消えないという方は、茶クマの可能性が高いです。
またこの茶クマは目をこすることでも色素沈着を引き起こしてしまうので、目を良くこする癖がある人や、日常的に濃いアイメイクをしていてお肌に負担をかけている人は要注意ですね。
 

〇青クマ

主に血行不良が原因で目元が青黒っぽく見えてしまうパターンです。
3種類のクマの中ではこれが一番一般的で、若い方や男性も含め多くの方が悩まれているのではないでしょうか。

目元は皮膚が薄いため、色の白い方やもともとお顔全体の皮膚の薄い方は特に、目の下の皮下組織が透けて見えやすいのです。
睡眠不足や冷え、眼の使いすぎなどでストレスがかかると血行不良を起こし、目の下が青黒っぽく見えてしまいます。貧血の方などにも見られます。

最近、青クマの原因として増えてきているのが、長時間パソコンやスマホを見ることによる眼精疲労です。

 

目元美容液って?

目元美容液とは簡単にいうと、皮膚が薄くデリケートな目元の老化を防止・改善するためにできたアンチエイジング効果が非常に高い美容液です。

主にシワを改善させたりハリを与えたり、潤いをプラスし感想を防いだりと女性にとってはとてもうれしいアイテムです。
目元美容液は使い方次第でより高い効果が得られますので、ここではすぐに取り入れられそうな簡単で基本的な使い方をご紹介しますね。

 
次ページ
正しい目元美容液の使い方

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別