エイジングケアって何歳から始めればいいの?

女性はいつまでも若々しくいたいものですよね。実際実年齢より若く見られたらその日一日はハッピーに過ごせるはずです。しかし老化は避けられないことなのでいつまでも若々しくいるにはアンチエイジングが必要になります。アンチエイジングって何歳から始めればいいのか疑問に思っている方が多いのではないでしょうか。今回はエイジングケアについて紹介していきたいと思います。

 

そもそもエイジングケアってなに?

アンチエイジングを日本語に訳すと抗老化・抗加齢という意味です。アンチという言葉の響きのイメージから不老不死をイメージしてしまう方も多いのではないでしょうか。アンチエイジングは老化の時間の針を少し戻し、老化の進みをゆっくりにすることです。肌の若返りはスキンケアや医学により外部から皮膚のケアをすることで針自体を逆戻りさせます。

普段の生活で食や運動、睡眠などの質の向上もエイジングケアには欠かせない大事なものなのです。

 

エイジングケアはいつから始める?

アンチエイジングは20代から30代になるのをきっかけにアンチエイジングを始めようかと考える人が多いそうです。30代になり20代の頃と比べると疲れや肌荒れが起きやすいなど、体や肌の変化を感じやすくなるのです。早い人では25歳を過ぎると始める人もいます。25歳を過ぎて四捨五入をすると30歳になります。まだ肌の不具合が見られないのですが、早く始めておけば老化が進行することはないだろうと考えられているのです。

しかし、体や肌に老化のサインが出てなければ、40代を過ぎてからでも遅くはありません。アンチエイジングを始めるきっかけは人それぞれなのです。ですので、始める時期に正解はないのかもしれません。

 

アンチエイジングと食べ物

〇デザイナーズフードを取り入れよう

1990年にアメリカの国立がん研究所はがん予防に効果のある植物性食品をデザイナーズフーズとして発表されました。がんの予防だけでなく免疫力の向上や、生活習慣病にも効果があるとされ、アンチエイジングの観点から取り入れたい食材です。デザイナーズフーズとして挙げられている食品の中で一番優秀なのがにんにくです。その他にはブロッコリーやニンジン、トマト、キャベツなどがあります。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別