冬ウイルス代表「ノロウイルス」

冬になるとノロウイルス感染のニュースをよく耳にしますよね。自分自身もノロウイルスにかかったこともあります。ノロウイルスがどんなウイルスなのか、かかってしまったらどうするのかをご紹介していきたいと思います。

 

ノロウイルスの感染と原因

ノロウイルスはとても小さなウイルスのため、サルモネラ菌や大腸菌、ブドウ球菌などに比べてもより小さいのです。非常に小さいウイルスなので人と人やドアノブ、トイレ、ホコリ、手すりなどの接触感染や食事からの感染、飛沫感染などの感染経路があり、ウイルスに感染してしまう環境が身近に潜んでいます。

原因の食材は水やノロウイルスに汚染された食品で特に牡蠣などの二枚貝が多いといわれています。ノロウイルスは貝の体内で増殖できませんが、二枚貝の生息地域の水がノロウイルスに汚染されてしまうと二枚貝の体内にノロウイルスが蓄積されるのです。

また感染者の便や吐いてしまったものに接触することで二次感染をおこすことがあります。感染者がトイレに行った後、手洗いが不十分なまま料理をすると食品自体がウイルスに汚染され、それを食べた人はノロウイルスに感染してしまうのです。

 

どんな症状がでるの?

ノロウイルスの潜伏期間は24~48時間で、吐き気や嘔吐、下痢や発熱などの症状が出ます。そして3日以内で回復するともいわれています。また感染しても全員が発症するのではなく風邪のような症状で終わる人もいます。

下痢や嘔吐は体の防衛作用といえますが、ウイルスを体外に排出するだけでなく大切な体液まで排出しているのです。ノロウイルスを発症した場合、脱水症状を起こすため、電解質と水分の補給を必ず行ってください。特に免疫力の弱いお年寄りや脱水状態になりやすい小児は気をつけましょう。

 

感染しないためにはどうしたらいいの?

ノロウイルスはワクチンがないため、インフルエンザのように予防注射などがないのです。治療は輸液などの対症療法に限られます。ですので家などでできる予防法を徹底してください。

〇手洗いを忘れない

食事前やトイレの後、調理をする前後は石鹸でしっかり手を洗い、流水で洗い流しましょう。指輪は外し、指も丁寧に洗うようにしてください。洗った後はペーパータオルで拭くのがおすすめです。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別