若返りのビタミン「ナイアシン」とは?

皆さんナイアシンという言葉を聞いたことはありますか?

ナイアシンは若返りのビタミンとして最近注目を集めているんです。10年以上前から心の病を治すビタミンとして紹介されてきましたが、近年研究で精神疾患だけでなく加齢による老化や、傷ついた臓器・筋肉細胞の修復作用などさまざまな若返り効果があるのです!

今回はそんな嬉しいビタミンの1つであるナイアシンについて紹介します。

 

ナイアシンって主にどんな効果?

ナイアシンはビタミンB群の1種でニコチン酸やニコチンアミドと呼ばれることもあります。ちなみにタバコに含まれるニコチンとは別物で毒性がある物質ではないので安心してください。

これにはニコチンアミドモノヌクレチオドという物質が含まれており、ある研究で高齢のマウスに投与したところ、臓器が若い頃の状態に修復したとのことです。この研究結果がきっかけで医療機関や商品メーカー、美容業界から注目が集まっているのです。

ナイアシンは食品から摂取した糖質、脂質、タンパク質をエネルギー元として体内で活用する際に必要なビタミンで、体内の各器官や皮膚の粘膜を健康に保つ働きがあります。逆に不足してしまうと皮膚炎、口内炎、精神疾患に発展してしまう恐れがあるのです。

「ナイアシン欠乏症は、DNA合成低下やトリプトファン代謝障害によって、水泡、角化、乾燥、口角炎、口内炎、粘膜皮膚障害の発症、エネルギー産生の不足や脳神経伝達物質代謝不全による食欲不振、神経衰弱、不眠症などが主な兆候です。」

引用元「

脂質と糖質の分解に関わる栄養素なので、ダイエットの効率にも少なからず影響があります。不足しないように気を付けたいですね。

 

どんなものに含まれているの?

ナイアシンは別名ビタミンB3(ビタミンB群の中で三番目に発見された物質ということが由来)と呼ばれ、日本の平均的食事で不足するわけではありません。を食事代わりにする人、インスタント食品に頼りがちで食生活のバランスが取れていない方は要注意です。こういった食生活の偏りが精神疾患や肌荒れ、各機関の不調を引き起こす可能性があります。

基本的にどんなものに含まれているかというと、お肉やお魚の他にきのこ類、豆腐の総菜(納豆や黒豆の甘味、大豆とひじきの煮物など)、豆乳、ヨーグルト、ソラマメ、グリーンピース、落花生などに含まれています。

「ナイアシンは主に肉や魚、特にお刺身に多く含まれています。その他にも、酵母、牛乳、緑黄色野菜、豆類、穀物など、幅広い食品に含まれている栄養素です。」

引用元「医療法人社団 満岡内科・循環器クリニック:http://www.mitsuoka-clinic.or.jp/jp/anti_aging/AAtip/AAtip41_50/AAtip45-niacin1.html」

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別