女性ホルモンの乱れる原因と悪影響

女性ホルモンについてご存知でしょうか。

女性ホルモンは、女性の心身に影響するホルモンで、バランスが乱れると様々な不調が表れます。なぜ乱れてしまうのでしょうか?

今回は女性ホルモンについてお話していきます。

 

そもそも女性ホルモンってなに?

女性ホルモンには2種類あり、エストロゲンとプロゲステロンというものがあります。

〇エストロゲン

エストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれ、女性らしい体をつくる担当です。髪や肌の潤いを保ってくれたり、自律神経にも作用しているので心身にも影響するホルモンです。

〇プロゲステロン

プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれています。子宮内膜を整えてくれたり、基礎体温を上げたりと妊娠を助けるホルモンです。

女性らしい体をつくるエストロゲンは、妊娠や出産を控えた20~30代前半がピークです。加齢とともに徐々に減少し、閉経を控えた40代後半には激減してしまいます。

 

女性特有の不調が表れる原因

エストロゲンとプロゲステロンは一定周期でそれぞれ増減しますが、どちらか1つが多くなっていたり不規則に増減してしまうと、心身ともに不調が表れやすくなります。

乱れてしまう原因として、

・ストレス
・寝不足
・過激なダイエット
・体の冷え

などが挙げられます。

エストロゲンが優勢のときは体の調子は良いのですが、月経前になるとプロゲステロンが急増してバランスが乱れ、イライラする、頭が痛いなどの不調になるPMS(月経前症候群)が起こります。

 

ホルモンバランスの乱れによる悪影響

上記の原因でホルモンバランスが乱れてしまうと、イライラするなどの他に、心身に様々な影響を及ぼします。

・お肌…にきびや肌荒れ、しわ、たるみ
・髪 …毛が抜ける、細くなる
・口腔…歯周病菌が繁殖しやすくなる、歯ぐきからの出血
・身体…免疫力の低下、代謝の低下で内臓脂肪がつきやすくなる
・骨 …骨密度の低下

また、バランスの乱れは更年期障害を引き起こす原因です。

女性ホルモンは、脳にある視床下部という部分から信号が送られて、卵巣で分泌されます。視床下部は自律神経をコントロールしている部分ですが、加齢でエストロゲンの分泌量が減少すると、分泌させようと脳が過剰に働いてしまい、イライラや異常発汗などの更年期障害を引き起こしてしまいます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別