寒い冬の「ヒートショック」の危険性

寒い冬は温かいお風呂に入ると、最高に気持ちいいですよね。ですが冬になると、入浴中での急死などが増えてきているそうです。今回はその中の、「ヒートショック」について紹介していきたいと思います。

 

ヒートショックとは?

そもそも「ヒートショック」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?ヒートショックとは、暖かい場所から寒い場所へ移動する時に、その温度差が体に大きな負担をかけてしまうのです。これが起こると、意識がなくなったり、深刻な場合では心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす場合があります。

ヒートショックは、特にお風呂場で起こりやすい事故です。冬は部屋などを常に温かくするのが日常的ですが、入浴する際に脱衣所などの寒い所に移動するなどの行為が、心臓などに大きな負担をかけてしまうことになるのです。

浴室での溺水は家庭内事故の中でも死亡などにつながりやすく、特に高齢者が多いです。浴室はタイルなどがあり、とても滑りやすい空間です。ヒートショックによるふらつきなどによって転倒することがあれば、溺水だけではなく、大けがを負う可能性もあるので注意してください。

 

リスクが高い住まいとは

〇浴室に暖房器具が設置されていないお家

浴室に暖房器具を設置していないお家は、設置しているお家に比べて浴室の室温が低く、湯温が高い傾向にあるようです。

〇断熱性能が低いお家

断熱性能が低いお家ほど、脱衣所や浴室が外気温の影響を受けやすくヒートショックのリスクが高まると考えられています。また、築年数が経っているお家ほど、寒いと感じる人が多いようで、浴室に暖房器具を設置していない割合が高いです。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別