うるおい不足を解消する保湿ケア○


とても寒い時期がやってきましたねみなさんは肌の乾燥対策していますか?毎日のスキンケアや生活習慣で肌の潤いが全く変わってくるのです。

今回は保湿ケアについて紹介していきます。

 

皮膚の中から保湿をしよう

保湿とは肌に水分を与えることだと思っている方は多いのではないでしょうか。外から肌に水分を与えるだけだと保湿としても足りないのです。

本来肌は自ら水分を保つ働きが備わっており、肌の水分量は20~30%以上あるのが潤っている健康な状態です。

肌が乾燥するのは何かの原因で肌が水分を保つ働きが低下している状態だからです。肌が水分を保つ働きが低下した状態で表面から水分を補っても肌は十分に水分を保持できず、またすぐに乾燥してしまうのです。

保湿とは肌に水分や潤いを与えるだけではなく、低下している肌が持つ働きを改善することで肌の水分量を健康な潤いのある状態にしてあげることです。

 

保水機能が低下する理由は?

肌の水分を保つ働きが落ちてしまう原因はいくつかあるので紹介していきたいと思います。

〇角質層が傷つき、細胞間脂質が外へ流れている

洗顔やクレンジングで肌を強くこすることや、スキンケアの際の肌への摩擦、刺激により角質層が傷ついてしまうと角質細胞を支えている細胞間脂質が流れ出てしまいます。

細胞間脂質が流れ出ると角質細胞が剥がれてしまい、角質層に隙間ができます。そのため、角質層が傷ついてしまうと肌は水分を保つことができないのです。また潤いも無くなってしまいます。

〇肌に皮脂が減っている

肌の皮脂は水分の蒸発を防ぐ役割があるのです。しかし、その皮脂が減っていると肌の水分が蒸発してしまい、肌自体の水分が減っていまい、保湿ができなくなってしまいます。

その原因の一つは洗顔です。洗顔の回数が多かったり、合成界面活性剤などの洗浄力の強い成分が入った洗顔料を使っているというのが原因で皮脂を落としすぎている可能性があります。

また、皮脂は年を重ねていくと分泌量が減ってしまうことがわかっています。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別