焦らないで!シミが出来てしまったら?○


ある日今までなかったところにシミが出来てしまったという経験がある方も多いかと思います。シミが顔に出来てしまうと老けた印象を与えてしまうため、悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。今回はシミについてご紹介していきます。

 

シミが顔に出来る原因

シミが顔に出来るのはメラニンが深くかかわっています。肌は紫外線を浴びるとメラニンが過剰に作られます。紫外線は肌にとって有害でダメージを与えます。そのダメージから細胞を守るためにメラノサイトで作られるのがメラニンなのです。

メラニンは細胞をダメージから守ってくれるものでなくてはならない存在なのです。ですが、強い紫外線を浴び続けることで過剰にメラニンを作りすぎてしまい表皮細胞であるケラチノサイトに長くとどまることで出来た色素沈着がシミになります。

また、ターンオーバーのサイクルが乱れてしまうことでメラニン色素が沈着して、シミになったり、化粧品を使う際の肌への摩擦がシミの原因になっているのです。

 

シミのタイプ

〇色素沈着

顔周りのニキビや傷などが原因で出来てしまうのがこのタイプのシミです。ニキビの跡や炎症が色素沈着し、肌の色がその部分だけ濃くなってしまうのです。

〇そばかす

小さな斑点が頬や鼻の周りに広がっているのがそばかすです。子どもの頃から思春期にかけてで出来る可能性が高く、そばかすは遺伝的なものが多いようです。

〇紫外線

紫外線を浴びることで出来るシミで、大量に作られたメラニンは肌に残ってしまいシミになってしまいます。日が当たりやすい頬骨やこめかみに多く出来やすいがこのタイプです。

〇肝斑

ホルモンバランスが崩れることで出来る女性ならではのシミです。頬や口、おでこ周辺に出来やすく、左右対称に出来るのが肝斑の特徴です。

 

食材でターンオーバーを促そう

ターンオーバーとは皮膚が新しく生まれ変わることで、ターンオーバーの周期は自分の年齢×1.5~2倍といわれています。この新しく生まれ変わるときにメラニンを肌細胞から排出されることが出来ます。そのターンオーバーの促進を食べ物で促せるのです。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別