生活習慣を見直して理想の「顔痩せ」を目指そう○

「顔痩せ」したい!と強く願っていてもなかなか結果に表れないなんてことがありませんか?案外簡単そうに見えても痩せにくいのが顔です。

モデルさんたちもみな綺麗で、あのような小顔に憧れを抱く方も多いのではないでしょうか。

今回は顔痩せを目指すためにできることについて紹介します。

 

顔に肉がついてしまう…なぜ?

小顔な人は顔に余分な肉がついていませんよね。そもそも顔に肉がつきやすいのは生まれつきではありません。

〇筋肉の老化

体の筋肉とは違い、顔の筋肉はあまり使いませんよね。そのため時間がたつごとに老化していきます。

意識して顔の筋肉を使わない限り新陳代謝が悪くなり、老廃物が溜まることで脂肪がつきやすくなってしまうのです。

〇余分な水分

むくみの原因で一番多いのは余分な水分が溜まっていることにあります。運動不足や食生活の乱れから起こりやすくなります。

〇姿勢が悪い

体が歪むことによって顔も次第に歪んでいきます。毎回同じ肩にカバンを背負っていたりすると、これもむくみの原因となります。

 

顔が大きくなりやすい生活習慣とは

顔が大きくなりやすい原因は毎日の日常生活にありました。

・歯ぎしりをする
・バッグを持つ手が決まっている
・横向きの格好で寝ている
・片方のみで噛む癖がある
・ストレスが溜まりやすい
・枕の高さが合っていない
・朝起きたときに顔がむくんでいる
・朝起きると肩が凝っている
・舌のふちに歯の跡がついている
・爪や唇をかむ癖がある
・やわらかい食べ物が好き
・硬いものを噛むとあごが痛い

みなさんは何個当てはまっていましたか?

当てはまってる数が多いほど、気をつけなければいけませんね。自分自身チェックしながら見ていきましょう。

 

顔痩せ!小顔になるためには

〇マッサージ

こめかみ付近にある「側頭筋」という筋肉は顔のリフトアップに大きく関係しています。こめかみ辺りを触ってみて、硬く凝った部分があるなら指の腹などで揉みほぐしましょう。

〇表情筋をつかう

満面の笑顔はかなりの表情筋を使っています。あまり笑わない毎日を送っているとほうれい線の原因となるので、注意しましょう。

また、口角を意識的にでも上げておくことで表情筋を鍛えることができます。

〇猫背をやめる

猫背だとどうしても体が前のめりなため、顔が大きく見えてしまいます。それに姿勢が悪いと骨格が歪んだり、噛み合わせが悪くなったりとマイナスな面ばかりが…普段から背筋を伸ばすように意識しましょう。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別