足のむくみ・お腹の張り…。それって肝臓疲れが原因かも

「最近足がむくみやすい」「お腹が張る」という方、もしかすると肝臓がお疲れなのかもしれません。むくみや張りは、肝臓疲れと大きな関係がありました。

今回は肝臓疲れについてお話をしていきます。

 

肝臓疲れとむくみ・張りの関係性?

一見、肝臓の疲れとむくみ・張りは何も繋がりがないように感じますが、実は大きく関係しています。

肝臓の主なはたらきは以下の通りです。

・アルコールを分解する
・食べ物の消化を助ける「胆汁」を作る
・食べ物から摂った栄養(糖質、脂質、たんぱく質)をエネルギーに変える

血管の中には、血液に水分をとどめておく「アルブミン」というたんぱく質があり、これは肝臓で作られています。

肝機能が低下してしまうと、アルブミンが作られにくくなってしまいます。アルブミンの濃度が低下すると血管の中に水分をとどめておくことが難しくなり、血管の外に水分が出てしまって手足やお腹に水分が溜まります。

これがむくみやお腹の張り(腹水)の正体です。

 

肝臓疲れの原因は?

・食べすぎ
・アルコールの過剰摂取
・ストレス、自律神経の乱れ

などが挙げられます。

普段から甘い物や脂っこい食事が多い、毎日ビールを飲んでいる、日常生活でストレスを感じているという方は肝臓が疲れている可能性があります。

肝臓は分解やエネルギーの生成などいろんな役割をこなすことができる強い臓器です。ただ、「沈黙の臓器」と呼ばれていて、いつの間にかダメージが蓄積されて、症状が出たときにはもう進行してしまっていた…なんてことも考えられます。

肝臓疲れは単にむくみやお腹の張りだけではなく、進行すると肝炎や脂肪肝、肝硬変などの病気に繋がる可能性もあるので、普段の食生活を見直して、肝臓への負担を減らしていくことが大切です。

 

肝臓疲れの改善策は?

〇バランスの良い食生活

食べ物を食べすぎると、肝臓が栄養をエネルギーに変えるために過剰に働くことになるので、大きな負担がかかってしまいます。

そのため、満腹になるまで食べ続けたり、脂っこい物や甘いものを控えるようにして、肝臓が正常に働くことができるようにしましょう。腹八分目を心がけると肝臓も余裕をもってお仕事をすることができます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別