知られざるチョコレートの驚く効果

みなさんはチョコレートは好きですか?チョコレートはニキビが出る、体重が増えると思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、チョコレートには私たちの身体に良い効果がたくさんありました。

今回はチョコレートの効果について紹介していきたいと思います。

 

カカオポリフェノールってなに?

今、健康志向の方が増えていますよね。そんな中注目されているのは、ポリフェノールです。ポリフェノールは動脈硬化の予防や活性酸素を減らしてくれるなど多彩な効果が明らかにされています。

赤ワインや緑茶などポリフェノールを含んだ食べ物、飲み物がたくさんありますが、チョコレートの材料カカオ豆にもカカオポリフェノールがたくさん含まれています。

チョコレートはカカオ豆が丸ごと使われているためポリフェノールが豊富で、気軽に食べられる食材でもあるのです。

チョコレートを食べるメリットはあるの?

チョコレートは虫歯の原因や肥満、ニキビの増加など身体にとってあまり良くないと思っている方は多いと思います。しかし、チョコレートを摂取することにはたくさんのメリットがあるのです。

〇女性が嬉しい美容効果

見た目はまだまだ若くても肌は年齢とともに老化していきます。カカオポリフェノールは肌の老化の原因の一つでもある活性酸素が引き起こすお肌のトラブルを防ぐと期待されています。

肌荒れに関して、カカオポリフェノールが多く含むカカオ製品を約3か月摂取すると、皮膚の角層水分層の低下を防ぎ、紫外線の肌への炎症を抑えるといわれています。シミやシワを防ぐ効果もあります。

〇脳の活性化

脳は神経細胞の塊です。その神経細胞が毎日活動することにより、記憶をしたり、様々な判断をしています。そうした脳の活動を支えている栄養分がBDNF(脳由来神経栄養因子と言われています。

BDNFは高カカオチョコレートを摂取することで高濃度のポリフェノールが脳の血流を増やし、BDNFを含む血流の増加で認知機能を高める可能性があることがわかりました。

疲れたらチョコレートを食べると糖質が脳のエネルギーに変わり、脳の働きを活性化させて脳のリフレッシュさせてくれます。

〇アレルギーの改善

アレルギーの発症は活性酸素が過剰に作られることが関わっています。カカオポリフェノールはこの活性酸素を生み出す因子の働きを抑制してくれるのです。

ウイルスや細菌など体内に侵入してくる病原体が花粉やダニなどに反応し、アレルギー反応がでてしまいます。

そこでチョコレートを摂取すると、アレルゲンに対して抗体がつくられるのを防いだり、活性酸素の働きを抑えられアレルギーの予防や軽減が期待できます。

 

この他にも血圧の低下や動脈硬化予防、精神的な安定など様々なメリットがあります。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別