スポーツ選手に貧血が多い意外な理由

最近ではスケートやバレー、野球などスポーツが盛んですよね。意外かもしれませんが選手の人には貧血の人が多いということを知っていましたか?

みなさんもウォーキングやジョギングをしたあとに貧血気味だなと感じる人もいるかと思います。一体どのように貧血を治すことができるのでしょうか。

今回はなぜスポーツ選手は貧血になりやすいのか、どの方法で治すことができるのか解説していきます。

 

スポーツ貧血とは

スポーツをする人に多い貧血は「スポーツ貧血」といわれています。貧血は性別・年齢問わず起こりやすいですが、このスポーツ貧血は主に女子選手や長距離選手に多く見られています。

 

スポーツ選手に多い貧血の理由

スポーツをすると貧血になりやすい理由は、発汗が挙げられます。汗にはミネラルの他にもう一つ、鉄も含まれています。スポーツ選手は一般の人と違いかなりの運動量ですよね。そうなると必然的に汗の量も多くなります。

運動量が激しければ激しいほど、大量の汗が体から出て体内から鉄を奪ってしまい、それが原因で起こってしまうのです。

二つ目の理由としては、筋肉量が多いということです。筋肉は酸素を消費していて酸素を運ぶヘモグロビンが必要なときまで酸素を筋肉内に溜めています。どちらも主成分は鉄なため、筋肉量が多いと貧血に陥りやすくなります。

三つ目の理由としては運動による衝撃です。歩いたりすると足の裏に衝撃がありますよね。そういった強い症状を足の裏が受け続けると赤血球が破壊されて、貧血になってしまいます。

 

スポーツ性貧血の主な症状

〇結膜蒼白

なかなか聞いたことがない言葉かもしれません。この症状は血の気がなく真っ青な顔になったり、まぶたの裏側が白っぽくなったりします。

〇頭痛やめまい、眠気

赤血球が少なくなると体は低酸素状態となります。そうなると頭痛やめまい、ふらつきなどの症状が起きたり、眠気や倦怠感なども起こりやすいです。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別