乾燥に負けない肌を作るスキンケア

冬は温度が下がり、寒いだけでなく空気や乾燥が気になりますよね。体の表面の水分が蒸発しやすくなっており、他の季節と同じケアではお肌の水分が足りなくなる場合があります。

肌の乾燥は気づきにくいので肌の乾燥を予防しましょう。

 

そもそも乾燥肌って!?

この時期になると、私は乾燥肌で…となる人が多いと思います。しかし、乾燥肌という意味を正しく理解していますか?乾燥肌の意味をしっかりとわかってスキンケアをしていないといつになっても乾燥肌から卒業できません。

乾燥肌とは、皮脂分泌量の低下や肌のバリア機能を担っている、細胞間脂質や天然保湿因子が減少し、角質内の水分が外に蒸発してしまっている状態のことをいいます。

原因は色々あるのですが、間違ったスキンケアや外気温の低下、紫外線によって乾燥肌を招いてしまいます。

洗顔後の肌がつっぱったり、肌の柔軟性がない、肌のくすみ、かすみがある、ツヤが無い、化粧ノリが悪くなるなどに当てはまる方は乾燥肌の可能性があります。

 

乾燥対策をしよう!

〇スキンケア

乾燥しているから保湿をすると思いますよね。実はクレンジングや洗顔の仕方も乾燥肌対策には大切です。クレンジングや洗顔はメイクや汚れも落としてくれますが、肌のうるおいを保つために欠かせない皮脂や天然保湿因子も洗い流してしまうのです。

そのため、いつも以上に洗浄力の高いクレンジングや洗顔を使う必要がないのです。

すすぐときは熱いお湯ではなくぬるま湯ですすぐようにしましょう。熱いお湯ですすぐと皮脂や天然保湿因子も洗い流してしまうのです。

乾燥肌の人は化粧水などにアミノ酸やセラミドなどがはっているものを選ぶとを補給してあげましょう。

〇紫外線対策をしよう

紫外線はもちろん肌に影響があります。基本中の基本なのですが、365日家の中にいても日焼け止めを塗ることを心がけてください。シワやたるみを引き起こす紫外線はガラスを通して通過してしまうのです。

ですので日焼け止めは、2~3時間おきに塗りなおしてくださいね。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別