子どもと大人の「そばかす」の違いって?

そばかすは子どもしかできないというわけではなく、大人もできることがあります。子どもはそばかすができやすいともよく聞きますし、大人は年齢を重ねていくうちにしみやそばかすが増えたりする、なんていった話をよく耳にします。そもそも子どもと大人のそばかすの違いは何なのでしょうか。

今回は子どもと大人のしみ・そばかすの違いについて紹介していきます。

 

しみ・そばかすとは

しみは色素が沈着して顔などにできる斑点のことを指します。主に炎症後の色素沈着、肝斑、紫外線によるしみの三つに分かれます。その反面そばかすはしみと比べると、斑点自体が非常に細かく、遺伝的な要素が多くなっています。

どちらも痛みなどは伴わず、見た目が変わってくるものです。子どもの頃のそばかすは通常であれば成長していくうちに目立たなくなります。しかし紫外線を過度に浴びたり間違ったスキンケア方法をしていると、かえって濃くなる場合もあるのです。

 

子どもにできやすい!そばかす

なぜ子どもはそばかすができやすいのでしょうか。

そばかすといえば鼻周りや頬などといった光が当たる部分にできますよね。子どものそばかすは大体三歳頃からできて、思春期を迎えるころには次第に濃くなる傾向にあります。子どものそばかすは遺伝であるといわれていますが、年齢を重ねていくうちに薄くなる場合が多いでしょう。しかし過度に紫外線を長時間受けていると、次第に濃くなり消えることはないかもしれません。

 

大人のそばかすとは一体…?

大人になってからできるそばかすは子どものときとは違い、自然に消えるということはほぼありません。それどころか年齢を重ねるとかえって濃く目立ってしまうのです。

大人になってからのそばかすの一番の原因は紫外線です。きちんとUV対策をしたほうがいいでしょう。また、肌に刺激を与えすぎているといった間違ったスキンケアをしていると、そばかすができる原因となります。

子どものそばかすは遺伝かつ年齢を重ねるうちに薄くなりますが、大人のそばかすは自然に消えることはなく、生活習慣やストレスなどから起こるという違いがありました。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別