目の老化を防ぐ!今から始める加齢対策

人間は、8割以上を視覚から情報を得ているといわれています。目は私たちの生活に欠かせない大事な器官なのです。しかし目や体は少しずつ老化し、見えなくなってしまいます。そんな目や目元の老化はどうやったら防げるのでしょうか。

 

目の老化の症状はなに?

〇老眼

近くのものが見えにくくなることです。年を重ねると新聞がぼやけて見えたり、スマホの画面が見づらくなったりします。年を重ねていくと水晶体の硬化と毛様体筋の衰えで、ピントが合わせられなくなるのが原因です。40~50代に自覚する人が多く、70代で進行が止まります。

〇かすみ目

目を酷使し、毛様体筋が硬直し、ピント調節機能が一時的に低下した状態です。老眼とは違い、少し休むとピントが合うようになるのが特徴です。

〇ドライアイ

パソコンやスマホなどでまばたきが減ることやエアコンなどが原因で涙の量や質が低下し、目の表面が乾燥した状態のことをいいます。充血や痛みを伴うこともあります。年を重ねると涙の量が減少するため、目をこまめに休憩させることと、まばたきを意識的にしましょう。

〇眼精疲労

目の使い過ぎで毛様体筋が酷使し、疲労が溜まっている状態です。頭痛や肩こりなどを引き起こす可能性があります。老眼の見えにくい状態を放置すると、眼精疲労につながります。

 

目元のたるみ

目元のたるみは眼精疲労から起こることがあります。一日中パソコンを見ている、スマホが離せないという人は目元のたるみや、シワなどが増えてしまうのです。

乾燥や紫外線も大敵なのですが、眼を酷使することで起こる眼精疲労も目元を老化させる原因になります。パソコンやスマホ、タブレットはいつでも簡単に使えますよね。しかし、画面を見続けることにはデメリットがあるのです。長時間同じ姿勢を見続けることにより、首や肩のこりやまばたきが減ることによる目の乾燥、ブルーライトによる目の疲れなどあります。ブルーライトはとても強い光なので自然と瞳孔を縮め、光を防ごうとし、目の周りの筋肉を使いすぎてしまいます。

目の周りの筋肉の疲れが、目元のたるみやシワを作ることになるのです。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別