スマホ使用が原因で「肌荒れ」に!?

寝る前に携帯をいじって睡眠時間が短くなる、なんて経験はありませんか?スマホは今私たちの生活には必需品ですよね。簡単に情報が手に入ったり、連絡手段として使っていたりとかなりスマホには助けられています。しかしそんなスマホが肌荒れの原因かもしれないということを知っていましたか?

今回は季節問わず、スマホがもたらす肌荒れについて紹介していきます。

 

なぜスマホが原因で肌荒れが生じる?

私たちの体の中には交感神経と副交感神経の二つがバランスよく機能していますよね。

動いていたりすると交感神経が優位になりますし、逆に睡眠時には副交感神経が優位に立っています。しかし寝る直前までスマホをいじると、副交感神経ではなく交感神経が優位に立ってしまい、興奮状態に陥ってしまうのです。そのため睡眠時間が減ることで肌のターンオーバーの質が低下し、それと一緒に肌の状態も悪くなっていくのです。

また、交感神経が優位に立つことで男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。男性ホルモンは皮脂の角質層を厚くする作用も持っているため、毛穴が詰まりやすくなり結果として、ニキビの原因を自らが作ってしまっています。

そしてスマホが汚れだらけというのも肌荒れの原因となっています。

シャワーでの洗顔はお肌に良くない!?

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別