更年期症状に効果的な食材とは?○

ある程度の年齢になると経験するのが「更年期障害」ですよね。皆さんの中には年齢を重ねていくうちに体調の面で変化がありませんでしたか?もしそういった方がいたら、それは更年期障害の可能性大です。

今回は更年期障害後について紹介していきます。

 

更年期症状!更年期とは?

女性は年齢とともに思春期、性成熟期、更年期・高齢期を経験します。おおまかではありますが、大体の人は50歳前後の年齢で閉経を迎えて、この閉経の時期を挟んだ前後10年間を更年期といいます。

更年期の症状は女性ホルモン(エストロゲン)の減少の他にも心理的な要因も関与するため、個人差が激しく全身のあらゆる個所にあらわれてしまうのです。

更年期症状として代表的な症状を紹介します。

〇消化器系の症状

食欲不振、下痢、吐き気など。

〇精神神経の症状

集中力の低下、不眠、耳鳴り、めまい、倦怠感など。

〇泌尿器・生殖器系の症状

月経異常、尿失禁、頻尿など。

〇血管運動神経系の症状

息切れ、手足の冷え、発汗、ほてりなど。

〇運動器官系の症状

手足のしびれ、関節痛、肩こり、腰痛など。

〇皮膚・分泌系の症状

皮膚や粘膜の乾燥、ドライアイ、湿疹など。

 

日本人の女性の多くに見られるのは肩こりや疲れやすさとなっています。更年期女性はエストロゲンの影響を受けて症状が起きているのです。これらの症状が日常生活にあらわれている人は、更年期障害かもしれません。

 

更年期あるある!?チェックしてみよう

更年期はゆらぎ期といわれていて、このゆらぎ期には心身の変化があらわれやすくなります。以下の項目に当てはまるかチェックしてみましょう。

・なかなか起き上がれなく、やる気が全く起きない
・今までと同じ仕事をしているのに、時間がかかるようになった
・電車の中で自分だけほてるような感覚がある
・急に不安な気持ちに駆られたり、今までにはないミスを連発してしまう
・無性にイライラしている
・パソコンやスマホを見ていると以前よりも目が乾く
・お風呂あがりにめまいのような感覚がある
・疲れているのにもかかわらず、寝付けない
・夜中に何度も目が覚める
・体型が変わった
・料理をするのが億劫になり、出来合いのもので済ませるようになった
・食事中汗が止まらない
・涙もろくなる

みなさんは何個当てはまりましたか?当てはまる数が多いほど、更年期の可能性が高いです。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別