生理前にできてしまう「ニキビ」を何とかしたい○


大体月に一度はくる生理。生理前になると肌が荒れてニキビができやすくなってしまう、という悩みを持っている女性は多いのではないでしょうか。その期間はどうしても、気分が憂うつになったりしますよね。

しかしなぜ生理前に肌荒れしてしまうのか…

今回は生理前にできるニキビについて紹介していきます。

 

なぜ生理前にニキビができるの?

私たちの体は一か月の間にホルモンバランスが大きく変化しています。

女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という二種類がありますが、生理前はプロゲステロンの方が多く分泌されています。

このプロゲステロンには女性が妊娠しやすい子宮環境を整える働きがあり、必要不可欠なホルモンです。

しかしその他にも皮脂の分泌を促す働きも持っているため、プロゲステロンが生理前に多く分泌されると皮脂が増えてしまい、毛穴が詰まってニキビができやすくなってしまうのです。

ただし、大人の吹き出物などは肌の乾燥に加え、ストレスや新陳代謝の低下が原因で吹き出物ができてしまいます。

また、生理前には男性ホルモンも増加します。男性ホルモンは皮脂の分泌を促す働きを持っていて、肌の角質を厚くしてしまうため毛穴の詰まりが起こり、肌荒れを起こし、ニキビができやすくなってしまいます。

 

波を覚えておこう

女性の肌が1か月間でどのように変化していくのか知っておくようにしましょう。

〇月経前の週

この時期は最もトラブルが多い時期といえるでしょう。ニキビや吹き出物が多くなり、敏感肌になる人が多いです。

体の変化も感じるようになり、眠気が強く襲ってきたり憂うつな気分に陥ったりと人によって様々ありますが、心身共に不安定になりやすい時期といえますね。

〇月経開始の週

肌の調子が少しずつよくなり始めます。しかし貧血になりやすい時期でもあり、月経痛を伴う人もなかにはいます。精神状態は月経前に引き続きあり、不安定な状態が続く人が多いですね。

月経が開始すると便秘になりにくくなるという特徴を持っています。

〇排卵前の週

女性にとっても体調や肌の調子が最もいい期間となっています。肌荒れしにくく体調面でも心配な面が少ないでしょう。便秘気味ではなく、快腸になる人も多く見られます。

〇排卵後の週

体調は悪くなる一方で、精神面でもイライラしたりと調子が悪い日が続きます。月経開始するとニキビができやすく肌荒れが気になりだしてくる時期です。

 

時期によってどのように肌が変化していくのかを知っておくことで、肌荒れ対策の近道へとつながりますよ。

 

生理前のニキビ予防法

生理前のニキビ予防として一番効果的なのは、生活面と心身のケアかと思います。

〇胃腸を休ませる

胃腸がつかれている場合もあります。朝や夜寝る前などに白湯などの温かい飲み物を飲むようにしましょう。

プチ断食という方法もあります。週末の休みなどを利用して、疲れた胃腸をリフレッシュしましょう。

断食といえば1週間などの長期間のものを想像すると思いますが、プチ断食ははじめは1食から、無理のない範囲で徐々に期間を伸ばしていきます。

また、プチ断食は水以外飲み食いしないというものではなく、生姜湯(黒糖入り)やニンジンとリンゴのジュースを飲みながら行うものです。朝だけジュースに置き換えるところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

〇食事

生理前はどうしても皮脂の分泌が多い時期です。そのため高脂肪の食事や高カロリーの食事は避けましょう。ビタミンB群(特にB2・B6)や水分をたっぷりと摂ると効果的です。

《ビタミンB群が多く含まれる食品》
ビタミンB2…レバー、卵、牛乳、ウナギ、ノリ、ワカメ、干しシイタケ、アーモンドなど

ビタミンB6…魚類(マグロ、カツオ)、レバー、肉、バナナなど

生理前に食欲が増してしまう人も少なくありません。食べるものには気をつけましょう。

〇ストレス対策

休息や睡眠をしっかりととりましょう。

イライラしてしまいそうだと思ったら、なるべく予定を入れすぎないようにするなど、リラックスして過ごすことを心がけましょう。

適度に身体を動かすことも効果的です。気分が落ち込んでしまったりしたらウォーキングに出かけたり、好きな場所に行ってリフレッシュしましょう。

また、趣味など何かに没頭するのも良いでしょう。

〇便秘改善

まず、水分を多く摂るようにしましょう。冬場は1ℓ、夏場は1.5ℓを目安に飲むことが理想です。

また、水分を摂るおすすめのタイミングは起床後です。起床後に白湯をコップ一杯飲むと起き抜けの腸の活動が活性化します。

次に腸内環境を整えましょう。

バナナやゴボウ、キノコ類など、食物繊維を摂取するようにしましょう。

また、乳酸菌を摂取することによって腸内細菌を整えることができます。乳酸菌は、ヨーグルトや味噌、キムチなどの発酵食品に多く含まれます。

乳酸菌やビフィズス菌を摂取することによって善玉菌を増やすことにもつながります。

普段から善玉菌を増やす食べ物を摂取しておくとニキビができにくくなります。その代わり悪玉菌が増えるとニキビはできやすいので、注意しましょう。

日頃から腸内環境を整えるように意識しましょう。

〇スキンケア

生理中は女性ホルモンの一つであるエストロゲンの値が少なくなるので、肌は乾燥しやすくなります。

今まで通りに洗顔をするのではなく、優しく洗いましょう。肌の乾燥を防ぐにはお湯よりも水で洗うようにしましょう。洗顔後にしっかりと潤いを持たせると完璧ですね!

肌のバリア機能を高めて皮脂量をコントロールするには潤いを持たせることは重要です。お風呂上りや洗顔後には必ずお肌の状態に合わせてケアしましょう。

〇冷え

体が冷えるとホルモンが乱れてしまうので、体を温めるようにしましょう。湯船に浸かったり腹巻をしたりと体をしっかりと温めてくださいね。

また、白湯を飲むことによって身体を内側から温めることができます。冷たいものは控え、温かいものを摂取するようにしましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

生理前の症状は人それぞれです。自分に合った効果的な方法を試してみてください。

生理前のニキビを改善するために生活習慣を見直したり、きちんとスキンケアや洗顔をしたりと自分で簡単にできることから始めてみましょう。

ニキビにお悩みの方は、お肌改善のプロのエステティシャンにご相談してみてください。

肌改善のプロがいるサロン ビューティー&ヘルス リセラテラス はこちら

 

【関連記事】

【場所別】ニキビは体の不調のサイン○

女性ホルモンの乱れる原因と悪影響○

顎ニキビは胃腸疲労のサイン?原因や直し方とは○

 

 

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別