身近な生活習慣がくすみの原因に!?

これまで同じメイクをしていても最近何となく仕上がりに満足できない、老けてみられる、という方はくすみが原因かもしれません。自分の毎日行っている生活習慣がくすみの原因になっているかもしれません。

 

くすみやすい人はどんな人・原因は?

顔のくすみはどのような人がなりやすいのでしょうか。それは睡眠・運動が不足している人や喫煙者、貧血、普段お肌のお手入れをしない人などが上げられます。代謝が悪かったり、老廃物が除去できなくなってしまい、生活習慣によりくすみやすくなります。

〇血行不良

血行不良は運動不足や不規則な生活、中でも食生活による血管そのものの老化です。

血管はコラーゲンなどのたんぱく質でできているため、年を重ねることによってたんぱく質自体が減ったり、質が下がると弾力を失い血液がうまく流れなくなります。そこに食生活が乱れると、血液がドロドロになったり、詰まったりするのでさらに血流が悪化します。血行不良の状態では栄養や酸素が行き渡らず、顔のくすみが起きてしまい、きれいな肌を維持できなくなってしまいます。

〇糖化

通常、食事などから摂取した糖分は体内でエネルギーに変換・代謝されます。しかし、過剰な糖分の摂取でエネルギーに変換されないと、糖とたんぱく質が結びついてAGEsが作られます。変性したたんぱく質は褐色化し、顔の肌の表皮の糖化は黄ぐすみだけでなく、シミや肌の弾力低下など引き起こします。

〇メラニン

頻繁に紫外線に当たっている方や日焼け止めをしない方はメラニンによってくすみが生じやすいといわれています。曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。また家の中にいれば日焼けはしないだろうと思ってはいませんか?それは違うのです。家の窓から太陽の光が入っていきますよね。その際、シワを招く紫外線は窓ガラスを通過してしまうので、対策が必要です。顔は日々紫外線に当たっているので、要注意です。

〇乾燥

乾燥肌は老化角質によりグレーっぽく見えるくすみです。クレンジングや洗顔で顔をゴシゴシ洗ったり、食生活に偏りがあったりで栄養バランスが崩れたりすると、肌の乾燥につながります。ファストフードやコンビニ弁当ばかり食べている人は注意が必要です。また睡眠不足や熱めのお湯に入浴するのも肌の乾燥を招きます。ぬるめのお湯につかるようにしましょう。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別