重度の肥満は寿命を約10年も短くする!?

みなさんはなぜ肥満が体に悪いか知っていますか?また体にどんな影響を与えるか知っていますか?標準以上に体重が重い、肥満となると、脂肪のリスクが高まり肥満度が高いとそのリスクはより高くなるという結果が出ています。今回は肥満や食事に関するダイエットについて紹介していきたいと思います。

 

肥満とは?

肥満とは単に体重が重いだけでなく、体脂肪量が必要以上に蓄積している状態をいいます。肥満がダメだといわれる理由は、生活習慣病や色々な疾患の原因になってしまうからです。肥満になると骨や関節の負担が大きく、腰痛やひざなど関節に炎症を起こします。また大腸がんや乳がん、前立腺がん、子宮がんなど、多くのがんのリスクを高めてしまいます。

日本人は、肥満者の割合が急増しています。男性の30代から60代が30%以上、70代以上でも20%以上が肥満といわれています。また女性が60代で30%、70代以上で28%が肥満となっています。

 

生活習慣病から肥満に

生活習慣病はがんや心疾患、歯周病、骨粗しょう症、脂質異常症、糖尿病、高血圧などの疾患のことをいいます。様々な生活習慣病の中でも、がんで亡くなる人は男女ともに多いです。生活習慣病と間違われやすい病気の1つはメタボリックシンドロームです。メタボというとわかりやすいでしょうか。メタボは内臓脂肪の増加に加えて血圧・脂質値・血糖値の2つ以上に数値以上が起こっている状態のことをいいます。メタボが原因となり発症する、生活習慣病もあります。

生活習慣病の原因は偏った食事や、飲酒、喫煙、ストレスなどがあります。肥満を放置していると生活習慣病を悪化させ、心筋梗塞や脳卒中などを引き起こします。日本人は肥満に注意しないと、糖尿病や生活習慣病になりやすいのです。

 

食事でダイエットをしよう!

肥満の原因はやっぱり食事です。食事のとり方やタイミング、どんな食事をするのがよいのかを紹介します。

〇水を摂取する

水はダイエットに欠かせない飲み物です。水を飲むと、デトックスと消化機能をサポートしてくれる役割があります。水をたくさん飲むと、尿として排出され、老廃物が増えます。腸や胃が活発に活発に動くことにより、脂や悪いものを便や尿と一緒に排出されます。冷たいものではなく常温で飲みましょう。

〇たんぱく質を摂る

糖質の代謝をよくするのはビタミンB1です。ビタミンB1は肉類に多く含まれており、豚肉や卵、大豆、魚介類に多く含まれています。たんぱく質をとるように意識すると、自然とビタミンB1が摂取できます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別