不眠症に陥る間違った生活習慣とは

みなさんはきちんと睡眠時間を確保できていますか?中にはきちんと寝たつもりなのに、あまり寝た気がしない人や疲れがとれていないなんて人も多いのではないでしょうか。今や日本人成人の約20%が不眠症なんだとか…そもそも不眠症になる原因は何なのでしょうか。

今回は不眠症になりやすい生活習慣は何なのか紹介していきます。当てはまる人は生活習慣を改善しましょう。

 

不眠症について

不眠症とは必要に応じて眠り続けることができない睡眠障害のことをいいます。不眠症の特徴としては睡眠の質が圧倒的に悪く、それが長期間続くことです。特に高齢者に不眠症が多く見られ、日本では60歳以上の約3人に1人が睡眠障害で悩んでいます。

不眠症にも種類があり、寝つきが悪い「入眠障害」、早く目が覚める「早朝覚醒」、何度も目が覚める「中途覚醒」、睡眠時間が長くても眠った感じがない「熟眠障害」があります。大人のみならず、子どもにも不眠症が起こる可能性もありえます。

 

不眠症を放っておくと…

あまり不眠について深く考えていない方が正直多いのが今の現状です。しかし不眠症を放っておくと、後に大変なことになりかねません。

不眠症が悪化してしまうと今日も眠れないのかと深く考えて、ベッドに向かうだけで憂鬱な気分になったします。そのことからうつ病や不安恐怖症、躁うつ病などの精神疾患を引き起こす可能性もあります。

その他にも、心身の老化のも影響を及ぼします。社会性の機能をつかさどる前頭前野は不眠の影響を受けやすくなっています。不眠によって修復されるための遺伝子が損傷したままになり、老化が早くなってしまうのです。

 

悪い眠り方とは一体?その原因は?

〇格好

夜眠りに入る際の恰好はTシャツやジャージという人が多いです。睡眠時は寝る機能性を考えたパジャマがおすすめです。理由として、パジャマは締めけないように製作されているからといえるでしょう。

〇隙間時間に寝る

私たちの体は疲れた体を修復する機能が働き、眠くなります。しかし隙間時間にうたた寝をしてしまうと少し疲労が回復されているため、再び疲労が溜まるときまで眠れなくなるのです。

〇スマホ

寝るギリギリまでスマホをいじってしまうと、スマホが発しているブルーライトが睡眠を誘発するホルモンの分泌を邪魔してしまうのです。寝る直前までスマホをいじってしまうと交感神経がずっと優位なままで、ますます眠りにくくなります。

〇掃除

清潔な部屋作りは睡眠時の呼吸と深く関わっています。スムーズな鼻呼吸を保つことは深い睡眠を得るための条件です。しかし、ほこりなどが舞っていると鼻呼吸が遮られ、体に悪影響を及ぼす危険性も…

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別