愛とは今ここに生きること

心理カウンセラーとして、多くの人々に関わっていると、心のストレスが身体や、お肌に影響することを感じます。もちろん、ドクターリセラさんに関連する人々は、目的を持って日々を過ごしているので心配がないと思います。

ストレスには、現実に起きているストレスよりも、過去のことを思い出したり、まだ来てもいない未来についてアレコレ考えて「食生活」や「睡眠習慣」にも悪影響を与えてしまいます。

僕がアメリカで心理学の勉強をしている時に「あなたの命が、あと3日しかなければ何をするか?を想像して、誰か宛に遺書を書け」と言われました。

ある人は親に生意気なことを言って親に迷惑をかけたから、「親に感謝をしたい」とか、
恋人に愛を告白する! もう愛してもらえなくてもかまわない。
「あなたを一人でも愛していた人がいた」それだけは知ってもらいたい。
友人に「あの時は、ごめんなさい」とだけ伝えて謝りたい。

など、誰も将来への成功や、物欲などはまったくなく、ただ残るのは「愛」でした。

 

その時の教授が「君たちの素晴らしい発表に感動しました。」と言った後、「君たちは3日しかなければ伝えられることを、どうして一生という時間をかけて、そのことを伝えないのか? 今日の授業は以上!」と言い残して授業は終わりました。

日々の日常の中で、あわただしく走り続けていると「今日」の戻らない価値を愛していません。

アップル社のスティーブ・ジョブスが、出かける時に、「今日で最後、今日やれる事は最後だと思って今日を生きよう!」と言って出かけたそうです。

 

今日の1日、愛する人との今日も、二度とは戻って来ません…

今日の愛する人、今日の家族、今日の自分の手も、顔も、人は日々、新陳代謝し入れ替わります。今日の自分の顔に愛をもって触れ、大切な人にも今日しかないハグを!

 

プロフィール

衛藤信之
日本メンタルヘルス協会 心理カウンセラー
ブログ: https://ameblo.jp/n-etoh
YouTube:http://www.youtube.com/c/mentaletoh

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別