冬の角質層は厚くなる?スキンケアのすすめ

冬は乾燥しやすいので潤いを持たせることが重要です。しかしなかなか化粧水が浸透しにくいなと感じていませんか?確かに乾燥肌対策として潤いは重要です。しかしそれだけが重要というわけではありません。乾燥対策+角質ケアが重要です。

今回は冬にできる角質層のスキンケア方法について紹介します。

 

冬の角質が厚くなるのはなぜ?

冬によく起こる乾燥は肌のバリア機能によって引き起こされています。肌のバリア機能が低下してしまうと、今後のすべてのアレルギー物質からのダメージを受けやすくなってしまいます。

また、肌のターンオーバーが乱れてしまい、その影響もあってか乾燥を促進させてしまいます。このダメージから守るために角質を厚くしようとしますが、肌のターンオーバーが乱れていることから、古い角質が取り除かれることなくたまり続けてしまうのです。その状態を「角質肥厚」といわれています。

角質肥厚の原因

〇冷え

冷えはターンオーバーが乱れる理由の一つとなっています。今の季節は風も冷たく体が冷えている人は多いのではないでしょうか。夏でも冷房によって体が冷えるということも実際あります。冷えによる血行不良で栄養が行き渡らないことで、ターンオーバーの乱れにつながってしまうのです。

〇乾燥

乾燥している状態とは、水分が全くない状態のことです。肌がカサカサしたり剥がれて落ちてこないまま角質層が重なり徐々に厚くなっていきます。不要な角質層が重なり続けても、本来必要としている肌が表面に現れず、さらに乾燥が進んでしまいます。

〇紫外線

紫外線は一年中降り注いでいます。日中の紫外線が原因で角質肥厚を引き起こすことも…紫外線が肌にあたるとバリア機能が働くため、内部まで紫外線を通さないようにと角質を厚くします。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別