冬の角質層は厚くなる?スキンケアのすすめ○

冬は乾燥しやすいので潤いを持たせることが重要です。しかしなかなか化粧水が浸透しにくいなと感じていませんか?

それは角質層の働きが衰え、角質肥厚の状態に陥っている恐れがあります。

乾燥肌対策として潤いは重要です。しかし、角質肥厚になってしまった場合、それだけでは不十分で、乾燥対策+角質ケアが必要となってきます。

今回は冬に必要となる角質層のスキンケア方法について紹介します。

冬の角質が厚くなるのはなぜ?

冬によく起こる乾燥は肌のバリア機能の低下によって引き起こされています。

肌のバリア機能が低下してしまうと、乾燥しやすくなるだけでなく、紫外線や摩擦などの物理的ストレス、アレルギー物質からのダメージを受けやすくなってしまいます。

バリア機能の低下は肌のターンオーバー、つまり角質層の新しい細胞の生成や修復などのサイクルが乱れてしまっている状態です。外気の乾燥でお肌の表層が乾燥し潤いが不足したり、冷えによって血行不良が起こることで肌のターンオーバーが乱れ始めると、肌細胞にじゅうぶんな栄養分や水分が運ばればくなり、角質層のキメが荒くなったり保水機能が落ちてきます。そうすると、さらに乾燥しやすくなりバリア機能が低下する…と言った悪循環が起こるというわけです。

その影響もあってかこのように、ただでさえ乾燥しやすい季節なうえに、気温の変化や暖房の影響なども重なり、冬はお肌の乾燥を促進させてしまいます。このダメージからお肌を守るために細胞がより角質を厚くしようとしますが、肌のターンオーバーが乱れていることから、古い角質が取り除かれることなくたまり続けてしまうのです。

このように角質が厚く肥えて、肌がごわついたりくすんだりしている状態を「角質肥厚」と言います

角質肥厚の原因は?

〇冷え

冷えはターンオーバーが乱れる理由の一つとなっています。今の季節は風も冷たく末端の手指や足先が冷えている人は多いのではないでしょうか。夏でも冷房によって末端が冷えてしまう人は「冷え性」の可能性が高いです身体が冷えると生命維持に必要な身体の中枢部分を優先的に血液が集中します。お肌は身体の中でも最も末端の組織なので、「冷え」の状態が続くと血流が後回しになり栄養分がお肌まで行き渡らなくなります。

「冷え」による血行不良で、お肌に必要な栄養が行き渡らないことになり、ターンオーバーの乱れにつながってしまうのです。

〇空気の乾燥

乾燥している状態とは、水分が不足して乾いている状態のことです。肌がカサカサしたり剥がれて落ちてこないまま角質層が重なり徐々に厚くなっていきます。水分が足りないと、不要な角質層が剥がれ落ちることなく重なり続け、本来表層に現れてくるはずの新しい角層が表面に現れず、お肌がくすんんだりゴワついた状態になり、さらに乾燥が進んでしまいます。

〇紫外線ダメージ

紫外線は一年中降り注いでいます。日中の紫外線が原因で角質肥厚を引き起こすことも…紫外線が肌にあたるとバリア機能が働くため、内部まで紫外線を通さないようにと角

紫外線は一年中降り注いでいますが、夏に比べて紫外線対策についつい気を抜きがちな方も多いのではないでしょうか?

日中の紫外線が原因で角質肥厚を引き起こすこともあります。紫外線が肌にあたるとお肌のバリア機能が働、内部まで紫外線を通さないようにと角質を厚くすることがあります。

そのほか、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスによるホルモンバランスの崩れ、摩擦や化学物質など肌への強い刺激、なども角質肥厚を誘発するきっかけになります。角質肥厚を防ぐために、まずは生活習慣や外的環境、ストレスなどがないかを見直してこのような原因を少しでも取り除くことが大切です。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別