30代・40代におすすめの保湿成分

20代の頃は肌の悩みが少ないのですが、30代や40代という風に年齢を重ねるとどうしても肌の悩みが気になってくるかと思います。自分ではいいと思ったスキンケア方法でも、それがかえって肌のトラブルを増やしているなんてこともあるかもしれません。
今回は30代・40代におすすめの保湿成分について紹介していきます。

 

年齢によって保湿成分は変えるべき?

肌の水分量は20代前半を過ぎると徐々に減少していきます。その代わり、皮脂の量は40代半ばまで変わることはありません。そのため、スキンケアの際保湿をしっかりと行うことが大切です。
実際、肌に水分を閉じ込めるのは油分ではなく、角質層にあるセラミドといった物質だと言われています。スキンケアは保湿成分が含まれた化粧品を使い、保湿対策をしましょう。
女性ホルモンが低下し始める40代後半からは皮脂量が減り、閉経後には激減するためそれまでの保湿ケアを見直す必要があります。

 

30代・40代の肌状態

〇30代
仕事や家事、育児などの疲れが出て来るのはもちろんのこと、肌にも疲れが出やすくなります。20代の頃よりも肌の水分量が減るのは肌のバリア機能が衰えてしまっているためです。そのため外部からの刺激に弱く、些細なことで肌荒れを引き起こしてしまうのです。
また、女性ホルモンの変化からシミなども目立つようになり、肌もたるみ毛穴が目立つようになってしまいます。

〇40代
40代になるとホルモンバランスが乱れているので、肌の乾燥やシワなどといった老化現象が出てきやすいです。乾燥により毛穴などの開きが目立つことで、ターンオーバーの機能も衰えるので、くすみが定着してしまい角質が厚くなってしまいます。

シワやシミは30代頃まで隠せていても、40代になると色素沈着してしまいメイクでカバーしづらくなるなんてことがよく起こりやすくなります。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別