一躍話題になった「マヌカハニー」○


みなさんマヌカハニーをご存知ですか?マヌカハニーというキーワードは一度は聞いたことがあると思います。今回は、マヌカハニーがどんなものかどのような効果があるのか、体にどんな影響があるのかを紹介していきたいと思います。

 

「マヌカハニー」ってなに?

マヌカハニーはニュージーランドに自生するマヌカの木に咲く花の蜜から作られたハチミツのことをいいます。マヌカの木はフトモモ科の丈の低い木で、小さい花をたくさんつけます。
このマヌカの木は蜜だけでなく、木の幹や葉っぱ、樹液などマヌカの木に関する部分に様々な効能があるといわれているのです。
ニュージーランドの先住民族であるマオリ族は、マヌカの優れた薬効を万能薬として使っていました。1000年以上前から現代に至るまで、マヌカの木はニュージーランドの人々に重宝されています。

 

「マヌカハニー」の効能

マヌカハニーにはどのような薬効があるのでしょうか。マヌカハニーは殺菌成分が優れており、体内の悪玉菌を抑え、潰瘍など消化器系の疾患や感染症の治療に効果があるといわれています。
そこでマヌカハニーの効能について詳しく紹介します。

〇殺菌効果
はちみつを常温で保存しても腐りにくいのはなぜでしょうか。その原因はというと、はちみつの高い糖度とはちみつの中に含まれる殺菌成分にありました。
糖度が高いと細菌の水分を減少させることで、カビなどの雑菌の繁殖を抑えます。
また、はちみつには高い殺菌消毒効果があるグルコン酸という成分が含まれ、グルコン酸は病院などで傷の消毒にも使われている物質です。はちみつは空気中に水分と結びつくとオキシドールも発生させる力を持っています。
ですので、切り傷などに塗ると効果があります。

〇ピロリ菌の減少
ピロリ菌は慢性的な胃痛や胃もたれだけでなく、胃潰瘍や胃がんなど十二指腸潰瘍などの病気になることもあります。
ピロリ菌は50代以上の8割が感染しているともいわれ、この菌を除去するには強い殺菌力を持っている薬や食品が必要です。
このピロリ菌にはマヌカハニーの抗菌力「メチルグリオキサール」が有効だといわれています。また、マヌカハニーに含まれる「シリング酸メチル」という抗炎症作用もピロリ菌が生成する活性酸素を除去してくれる働きがあるため、ピロリ菌の減少に繋がるといわれています。

〇腸内改善
マヌカハニーはピロリ菌の除去だけでなく、腸内環境の改善にも効果があるといわれています。マヌカハニーに含まれる「メチルグリオキサール」は、腸内細菌を見定め、悪玉菌だけを殺菌できる成分です。そのため、大腸菌やサルモネラ菌などといった食中毒の原因にもなる悪性菌を抑制し、腸を整え、下痢や便秘などの改善も期待できます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別