なかなか痩せない…そんな方は女性ホルモンを上手に使おう

「ダイエットをしても中々痩せない…」なんて思うことはありませんか?ダイエットをしてもリバウンドしてしまう女性が多いのではないかと思います。

特に女性は生理前だと食欲が増していつもより多く食べてしまうなんてことありますよね。ダイエットが成功しないと悩んでいる方、もしかしたらそれは女性ホルモンがカギになるかもしれません。

今回はダイエットのカギになる女性ホルモンについて紹介していきます。

 

ホルモンバランスのリズム

女性の体はホルモンバランスの変化によって、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4段階の周期が存在します。女性ホルモンは卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類あります。月経の周期は人それぞれ違ってきますが、基礎体温を記録していくことで自分の女性ホルモンの周期やリズムがつかめるようになります。

また、排卵前はプロゲステロンの分泌が多いせいか落ち込みやすかったり、精神が不安定になりがちです。美肌やダイエットのために分泌されるのはエストロゲンだけでいいと思うかもしれませんが、プロゲステロンは妊娠を望む女性にとっては必要不可欠なホルモンとなっています。

エストロゲンのみが優位に立っても、子宮頸がんのリスクを高めてしまうというマイナス点もあります。そのため、女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2つがバランスよく分泌されることが大事になります。

 

女性ホルモンが乱れた場合…

女性ホルモンが乱れると生理不順や無月経を引き起こしやすくなります。そういったときが続く場合はホルモン分泌の調子が悪い可能性が高いです。

その他にも自律神経のバランスが乱れて頭痛や冷えなどのトラブルを招く恐れもあります。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別