玄米ダイエットはシンプルに!

昔は玄米が主流となっていましたが、最近では白米が当たり前になっていますよね。そもそも玄米に対して食感や香りが苦手だと感じる人もいます。しかしそんな玄米はダイエットに最適なのです!

今回は玄米とダイエットの関係性について紹介します。

 

玄米に含まれている栄養素とその効果

玄米はもみ殻を取り除いただけの栄養豊富なお米です。中でも注目されるのがビタミンB1です。

玄米と白米を比べると、ビタミンB1やビタミンEが白米に比べてとても多く、亜鉛や鉄、食物繊維の量も豊富です。

〇食物繊維

白米よりも約6倍も多く食物繊維を含んでいます。食物繊維はお腹の中で膨らむため満腹感を得ることができ、食べ過ぎを防いでくれます。

玄米は不溶性食物繊維が多いため、水溶性食物繊維が豊富なもずくなどと一緒に食べるといいですね。

〇γ-オリザノール・フィチン酸

γ-オリザノールやフィチン酸には強い抗酸化作用があります。ガンや生活習慣病の予防、免疫力を高める効果が期待できます。

玄米はこれら以外にもビタミンEやセレンを含んでいて、これらにもガンのリスクを低減させる効果などが見られます。

〇ミネラル

玄米にはミネラル類も豊富に含まれていて、タンパク質やホルモンの合成の維持に働きます。また、貧血予防に効果的な鉄は白米と約6倍もの差があります。

 

玄米をよく噛むことでダイエット効果をアップ

玄米は栄養豊富なため、たくさんの効果が期待できる穀物ですが薄皮がついた状態なので、白米よりも硬く、よく噛まないと消化吸収が上手くできません。そうすると下痢や便秘につながりやすくなってしまうのです。

1口30回を目安に噛みましょう。きちんと噛むことで唾液の分泌も促進されて消化吸収もよくなります。噛み応えもあることから、食べ過ぎを抑えることができます。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別