自宅で簡単にチャレンジできる?!代謝を上げる方法

「代謝」という言葉を耳にしたことがあるかもしれませんが、この「代謝」というのは太りにくい体を作る上で重要になります。この代謝量が落ちてしまうと、太りやすい体になってしまいます。

今回は無理なく続けられる、代謝を上げる方法についてご紹介します。

 

基礎代謝って何?

基礎代謝というのは、人が生きていくうえで必要な最低限のエネルギーです。基礎代謝量は10代が最もピークで、それ以降はだんだんと低下していきます。特に30~40代には基礎代謝量が大きく減ってしまうので、20代と同じような生活習慣を続けていると、いつの間にか太ってしまった…なんてこともあるかもしれません。

筋肉量が多いと基礎代謝量も多くなりますが、女性は男性に比べると筋肉量が少ないので、基礎代謝量は少ない傾向にあります。

 

食事制限は逆効果?

簡単なダイエット方法として思いつくのは「食事制限」かと思います。確かに食べなければ摂取カロリーが激減するので、一時的には体重は減少します。

ですが、極端に摂取カロリーが減ってしまうと、体は体温を維持したり命を守ろうとしたりして脂肪や栄養を溜め込もうとするので、かえって脂肪がつきやすくなってしまいます。

「食事制限ダイエット」は一時的なものでリバウンドしやすく、基礎代謝量も落ちやすくなってしまうので、実はあまりいい方法とは言えないのです。

 

生活習慣を見直そう!

基礎代謝を上げるためには筋肉量を増やすことが大切です。そのためには運動が欠かせませんが、激しい運動は体を傷めやすく、何よりも長続きしません。

脂肪を燃焼させるためには激しい運動(無酸素運動)よりも、軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を行いましょう。最低でも15分以上行うことで脂肪を燃焼させやすくなります。自宅の周辺や公園などを散歩するだけでも基礎代謝が上がりやすくなるので、無理なく続けられるような運動をしましょう。

また、自宅でできる方法としては、

・腹筋
・背筋
・スクワット
・ストレッチ

がおすすめです。お腹周りや腰周りは脂肪がつきやすいので、腹筋や背筋といった面積の広い筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がるので、太りにくい体作りができます。

きついと感じるほどの回数は負担がかかるので、まずは1日10回ずつチャレンジしてみましょう。

また、最近ではデスクワークやスマートフォンの普及などで猫背になる方が増えています。猫背のままだと筋肉が固まってしまって代謝が落ちてしまうことがあります。

背筋を伸ばして姿勢を正すと腹筋や背筋がきちんと使われるようになって肺活量も増えます。

また、朝起きたときに体を伸ばすストレッチをすると筋肉の柔軟性が高まるので、酸素がきちんと取り込まれるようになって基礎代謝が上がりやすくなります。

普段の生活に取り入れてみましょう。

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別