春のクマ対策で健康顔を目指そう!!

皆さん目の下にクマが出来ていませんか?目の下のクマは老けて見えたり、疲れて見えたりするなど厄介な存在です。目の下のクマがあるだけで見た目年齢が5歳もアップするというデータがあるほどです。

今回はクマが出来てしまった方法の対策をご紹介していきます!

 

クマにも種類がある!

クマには種類があり、症状によって変わってきます。一度鏡を見てみるとクマの色が違いませんか?黒と思ったら色が違うこともあると思います。

クマの種類は主に、

〇青クマ

目の下がうっすら青っぽくなることから青クマと言われています。目の周りにある極細の毛細血管が透けて見えている状態です。

ハッキリとわかるくらいに青っぽく見えるわけではないので見分けるのが難しいと思います。青クマかどうかを見分けるには鏡でチェックしてみる、下瞼を優しく引っ張ると、クマが薄くなって目立たなくなると青クマか確認できます。

主に血行不良と先天的な要因が大きく関係しています。

〇茶クマ

目の下に茶色く広がっているクマが茶クマです。目の下だけではなく目の周り全体におこりやすいので青クマよりも分かりやすいかもしれません。

見分ける方法として目の周りが茶色っぽいこと、目の下の皮膚を引っ張ったり、上目使いをしてみてもクマが薄くならないのがポイントです。目を強くこするなどの目に強い刺激を受けることで発生します。

〇黒クマ

黒クマは他のクマと異なり、目の下の皮膚の色が変わるのではなく、目の下の涙袋の下側がふくらみ、それが影になって黒く見えるのが特徴です。

目の下のふくらみを指や綿棒で押すと、影が消えてクマが目立たなくなるといった特徴があります。加齢によって発生しますが対策をしっかりとれば改善できます。

に分類されます。一度できたクマはしっかり治せますのでご安心ください!

1 2

 

 

 

オススメ記事

新着記事

カテゴリー別